イギリス旅行2012(26)セブン シスターズのフットパス2

そろそろ日暮れ時

19時20分、気づけば周囲にいた人もいなくなり、残っているのは夕日を見ながらラブラブなカップルだけになってしまい、私も帰途に着くことにしました。

ところが、ここを乗り越えた後

帰り道がわからなくなりました(○□○;)

潅木に隠れ、道が見えなくなっていたのです。どこを進めばいいのか尋ねたくても人がいない。なんとか来る時に写した写真で位置を確かめながら帰り道を探しました…。

そうして、10分ほどで下におりると
風に揺れる草が夕日に輝いていました

そして、ウサギを発見!

あっちにも、こっちにも

かわいいな、楽しいなとはしゃいでいたら、乗ろうと思っていた19時50分のバスを逃しました(´Д` ;)。

そこで次のバスが来るまで、もうちょっと散策。たまたま展望の良さそうな丘の上から下りて来た人たちがいたので、そこへ上がってみることにしました。

遠くには牛の姿が見えます

わかりづらいので、ズームで一枚

そして、20時
またここにいたいけれど、今度こそ帰ります

けれど、20時20分のバスはなかなか来ません

一緒に待っていた人たちは業を煮やして歩いていってしまいました。すると、それからほどなくしてバスが来たのです。乗り損なった彼らの脇をバスは無常に通り過ぎました…。

自転車で走る人も見かけましたが
この辺りはアップダウンあるから大変そう

20時30分、日没です

途中、イーストボーンの街を一望
ここで途中下車したいけれど、それはまた別の日に

そして、21時、ホテルに戻ってきました

疲れて早く寝たい。そう思ったのに大音響(゚ロ゚)!

運悪く、この日は金曜日だったためホテル前のビーチではライブコンサートが開催されたのです。

夜中0時過ぎまでうるさくて、寝られたものではありませんでした。・゚(´□`)゚・。



テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

【2017/04/08 07:01 】 | イギリス旅行2012年7月 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
イギリス旅行2012(25)セブン シスターズのフットパス その1

崖の上に登ろう

18時40分、そろそろ戻ろうかとバス停へと歩きはじめました。すると、崖の上へと通じるフットパスを登っていく人たちがいたのです。どんな景色が見れるのか気になり、進路変更。後をついていってみました。

さっきまでいたのが、あの海のそば。かなりのUターンだけれど、どんな眺めが待っているのかわくわくします。

でも、道なき道や草むらを掻き分けねばならず
来たことをちょっと後悔しました

しかも、端を歩くと滑って落ちそう(T_T)

とにかく広くて、どこまで行くのぉ(~~)

けっこう疲れてきたところで、見えましたぁ!

超☆感激!
(トイカメラフィルターで撮影)

思わず踊りだしたくなりました

トーニャも飛ばされないようにしながら記念撮影

さらに先へと歩いていくと
こんな所でマラソンしている人がいました…

なんと、10月にここでマラソン大会があるそうです!

ここは石灰岩なので崩れやすく、時々、足元にボコッと穴が開きました。そんな所を走るなんて…。

おまけに後日、この先へと歩いてみましたが、かなりのアップダウン。心臓破りのこの場所を走るなんて驚きです。



テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

【2017/04/05 07:01 】 | イギリス旅行2012年7月 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
イギリス旅行2012(24)白亜のセブン シスターズ

引き潮の時だけ見れる絶景

18時、岸壁のすぐ下までやって来ました

ここに来るのは2010年以来。前回は曇天だったので、やっと青い空と白い岸壁をみることができました(二年前の様子は「2010年 セブン・シスターズへ その1」参照)

しかも、ちょうど引き潮!

真下まで歩いていくことができます

まるでバーミヤンの石仏みたい

ここには神さまが宿っているのかも

神々しさを感じます

どんどん流れていく雲と、悠然と飛ぶカモメを
見上げていたら、くらくら(@@)してきました

岸壁の先にはビーチー ヘッド(Beachy head)

デジタルズームで灯台を撮影

18時半になっても、まだこの明るさ

ビーチー ヘッドまで行ってみたいけれど、足もとは石がゴロゴロしていて何度も足首をひねってしまいました。

波に現れ、不思議な形の石がゴロゴロ

なので、この日はあきらめ、翌日に持ち越しました



テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

【2017/04/02 07:01 】 | イギリス旅行2012年7月 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
イギリス旅行2012(23)イーストボーンからセブン シスターズへ

夏場は日没が21時過ぎ

17時、ホテル探しに手間取ってしまいましたが、せっかく良い天気。急いでセブン シスターズへ向かいます。その際に便利なのが、このバスの一日乗り放題チケット。

駅から徒歩数分のインフォメーションで購入できます

値段は一枚、4ポンド

2010年には3.3ポンドだったのが、この時、4ポンドに値上がりしていました。(2010年ブログ「ブライトン・バスの一日券 購入方法」参照)

けれど、バスの片道運賃は2.5ポンド

往復すれば元が取れるお得なチケットです。ただし、この時は「all day super saver(オール・デイ・スーパー・セイバー)」という名前でしたが、2017年3月現在、

「networkSAVER」に名称変更。値段は4.8ポンドです

使用時には、その日の日付を削って上からカバーをかけます。けれど、慌てていた私はボールペンで日にちに丸してしまいました…。バスに乗ったら、運転手のお兄さんが笑って「それでもいいよ」と許してくれたので、ほっとしました(^^;)。

さて、ホテル前は、まさに海辺のリゾートという景色

二年前は見れなかった青空と青い海

ここでのんびりしたい気持ちを抑え
17時25分、イーストボーン駅前から12番バスに乗車

牧草地の間を駆け抜け

二年前は霧にもやってた牧草地

雨天続きだった二年前とはまるきり違う景色を堪能
(二年前の様子は「2010年 セブン・シスターズへ その1」参照)

そして、17時40分、セブン シスターズ カントリー パーク(Exceat park centre)で下車してフットパスを歩き始めました。

今回は間違えずに手前からアプローチ

風の音と鳥の声だけが聞こえる静かな世界

ついついのんびりしたくなります

けれど、目的地はこの門のさらに先

見覚えのあるフットパス

以前はここに牛の群れがいたけれど、今日は遅い時間なので帰ってしまったようです。

がっかりしていたら、ウサギを発見

あっちにもこっちにも

この辺りは、野生動物の保護区だそうです

私が一歩進むたびに、ウサギが逃げていきます。驚かせてごめんね。でも、そっちに行きたいのと謝りながら進みました(^^;)。

関連リンク




テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

【2017/03/30 07:01 】 | イギリス旅行2012年7月 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
イギリス旅行2012(22)アルバニー ライオンズ ホテル

三度目のイーストボーン訪問

この日の宿は
アルバニー ライオンズ ホテル(Lions Albany)

歩いていけない距離ではないけれど面倒だったので、駅近くのインフォメーションでバスはないかと尋ねると、

あちこち停留所を回るから、歩いたほうが早い

と言われ、駅からデボンジャー・プレイス(Devonshire Pl)通りを進み、海岸沿いのグランド・パレード(Grand parade)通りまで来たものの、とんでもないことに気がつきました。

ホテルは、どこにあるんだっけ?

以前にもこの通り沿いのホテルに宿泊したので、なんとなくわかるだろうと思い、きちんと場所を再確認していなかったのです。

とりあえず左に行ってみたら、それらしき名前のホテルがあったので入ってみましたが、

「ここではない」とレセプション担当者の答え…

それではと、Uターンして道の反対側へ進んでみると、またそれらしき名前のホテルを発見。

けれど、これまた違ったのです(@@)
いったいホテルはどこなんだ!?

結局、通りの右手をかなり進んだその先で、やっと「アルバニー ライオンズ ホテル」を見つけました!!

これほど私が翻弄されたのは、

この通り沿いに「ライオンズ」とつくホテルが多いから

いくらチェーン系ホテルだからって一ヶ所にこんなに密集させないでほしいです、まぎらわしい。まあ、もともと私がちゃんと調べてなかったのが悪いのですが…。

さて、せっかく海の目の前のホテルなのに
通された部屋はインランド(~~)

鳩の巣があり、窓を開けるのも躊躇われます

ティーセットにクッキー付きは嬉しいけれど

バスルームはシャワーのみ

このお湯と水の切り替えが使いづらかった

ダイヤルでお湯の熱さを調節できるのですが、ダイヤルを回すと、いちいちお水に変わるのです。まったくどういう仕組みなんだろう…。

関連リンク




テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

【2017/03/27 07:02 】 | イギリス旅行2012年7月 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ