イギリス旅行2012(36)ホテル メリディアーナ(ロンドン)

イーストボーンからロンドンへ戻ってきました

イギリス各地への旅行を終え、これからロンドンのアートカレッジでの短期コースが始まります。

ロンドンに来た時は、たいていパディントン駅前のホテルが立地もそこそこ良くて低価格なのでよく利用しています。

けれど、今回は学校まで徒歩圏内にあるキングズ クロス(King's cross)駅近くのホテルを数件、泊まり歩きました。まず一軒目が、下の写真に映っているすぐ左の建物、

ホテル メリディアーナ(Hotel Meridiana)

部屋は極狭(@@)

大きなスーツケースを開けるスペースはありません。小さなキャリーケースを広げるのが、やっとです。

シャワーはありますが、トイレは共同

窓の外は壁だけ(~~)

それでも、空が見えるだけ、ましです

何しろ宿泊代の高いこのエリアにあって、

たったの50ポンドで
フルイングリッシュブレックファースト付き

寝るだけならOKという人には口コミ評価もそこそこ良くて、あっという間に予約で埋まってしまう宿なのです。この時も半年くらい前にたったひとつだけ残っていた空室を押さえました。

朝食は、朝7時から

フルイングリッシュで、おいしいです

ここから、旅行モードはいったんオフ

日中は授業に集中し、夜、寝る前はスケッチするのが、ここでの習慣になりました。トーニャはほとんどの時間、スーツケースの中で過ごすことになり、ずいぶん窮屈な思いをさせてしまいました(~~)。



テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

【2017/05/08 07:01 】 | イギリス旅行2012年7月 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
イギリス旅行2012(35)イーストボーンからロンドンへ

11時半、イーストボーン駅

この日は、翌日からロンドンのアートカレッジのサマーコースを受講するため、イーストボーン(Eastbourne)からロンドンへ戻ります。

列車の切符は英国鉄道公式サイト「National rail」のサイトで予約購入。イギリスに着いてから、指定された駅の券売機で発券しました。

通常、片道運賃は32ポンドくらい

2012年7月時点で1ポンド135円だったので、約4300円。それが、ネットで早期予約と乗車時間によって大幅割引されることもあり、

たったの3.3ポンド(約450円)で買えました(^^)v

11時40分、列車に乗り込みます

座席指定なしでも、始発駅なので座れましたが、私の苦手な後ろ向きの席ばかり。進行方向を向いているのは、優先席だけでした(T_T)。

そして、11時59分、定刻通り、音もなく発車

のんびり草を食む牛たちに別れを告げ

13時25分、ビクトリア駅に到着

ここから地下鉄ビクトリア ラインで、この日の宿の最寄り駅「キングズ クロス(King's cross)」へ向かいました。しかし、この駅が曲者で、リフト(エレベーター)があるのは助かるけれど、

何度もエレベーターを乗り継がないと
地上へ出れないのです

それを説明したのが、上の画像。リフト「J」→「H」→「A」と3つも乗り継ぐ。なんて面倒くさいんでしょう(+_+)。



テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

【2017/05/05 07:01 】 | イギリス旅行2012年7月 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
イギリス旅行2012(34)雨天と晴天のイーストボーン最終日

イーストボーン3日目(旅行8日目)

朝5時に目が覚めました

カーテンがはずれ、日が差し込んできたせいです

つくづくボロい部屋でした…。その30分後、空にはもくもくと雲が現れ、このまま悪天候になるかと思われました。

5時半

けれど、5時50分には、日が登ってきたのです!

それが10時になると、なんと雨!

そして、30分後にはまた晴天!!

イギリスの天気は変わりやすいと言うけれど、なんと目まぐるしいことか。それでも、二年前にはずっと曇天だったこの場所のイメージががらりと変わりました。

晴れていると、こんなふうに見えるんだなぁ

桟橋からもホワイト・クリフが見れるなんて

かもめも気持ちよさそう

グランド パレード通り(Grand parade)には露店が軒を連ねていました。量り売りのお菓子屋さんでは、とても食べ物には見えないカラフルな紐のようなグミも売っています…(写真右端)。

その前には、こんな素敵な花壇もありましたが
また、あっという間に曇ってしまいました

11時

日が照っている間に、撮ればよかった(T□T)



テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

【2017/05/02 07:01 】 | イギリス旅行2012年7月 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
イギリス旅行2012(33)チャッツワース ホテルのツイン

とっても嬉しい対応でした

21時、桟橋に灯りがともりました

21時半、外に出ると、ホテルもライトアップされています

人通りがあるので、女一人でも安心して歩けました

桟橋は濡れているから滑りそうでしたが

心行くまでグランド・パレード通りの夜景を堪能

そうして、22時半、ホテルに戻りました

レセプションには昼間のお姉さんに代わって、おじさんが座っていました。そこで、ふとテレビのことを思い出し故障の件を告げると、部屋まで見に来てくれたのです。

おそらくケーブルが原因だが
修理の人は帰ってしまったとのこと

おじさんは「部屋を代わるか」と提案してくれましたが、「気にしないで。仕方ないよ」と断りました。それでも、おじさん、すごく申し訳なさそうな顔をして、

「返金しようか」とまで言ってくれたのです
ああ、なんて良い人なの(≧∇≦)!!

こういう誠意ある対応をしてくれるので、ますますこのホテルが好きになりました。そして、おじさんは部屋替えも返金もしないなら、

隣のツインが空いているから、テレビを見てもいい

と言ってくれたのです。せっかくなのでツインの部屋を覗いてみたら、

これが広い!
(少々、臭いがこもっていましたが、許容範囲)

しかもバスルームも、冷蔵庫もある!!

それに、電話はらくらくフォンみたい(^^)

しばしこの部屋でくつろいで、旅の疲れが取れました

今回もチャッツワースに泊まってよかった!
(上の写真は、ツインの部屋からの眺めです)

関連リンク




テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

【2017/04/29 07:01 】 | イギリス旅行2012年7月 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
イギリス旅行2012(32)チャッツワース ホテルのシングル

2年前にも宿泊したお気に入りの宿

17時、イーストボーン二泊目となるこの日は「チャッツワース ホテル (Chatsworth Hotel)」にチェックインしました。

ホテルはとてもレトロで

エレベーターも雰囲気があります

ただ、部屋に入るとベッドのすぐ横に洗面台(゚ロ゚)

トイレは部屋にあるけれど

シャワーブースは狭く

床は手前から向こうへと斜めに傾いています(~~)

2年前に泊まった部屋がもっと新しくかわいかったのは改装されていたからでしょうか(「2010年イーストボーンのホテル その1」参照)。どうやらこの部屋は改装されていないようです。

でも、一泊たったの5千円!!

この辺りでは破格の値段で、しかも、この日の朝、一足先に荷物を預けに来た時、海側の部屋をリクエストしておいたら、

部屋からイーストボーン・ピアが見える!

テレビが故障していましたが、部屋を替わることになって、この眺めが見えなくなるのは惜しいので、そのまま放っておきました。



テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

【2017/04/26 07:03 】 | イギリス旅行2012年7月 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ