スロヴェニア・クロアチア旅行2013(106)ドブロブニク 夜の旧市街その1

夜遅くまで賑やかです

19時半過ぎになりましたが、旧市街から観光客の姿がなくなる気配はありません。

旧市街のメインストリート「プラツァ通り」は七世紀、小島と陸地の間に位置する海峡だったそうです。

でも、今は通りの両側にお店が立ち並び、ぞくぞくと観光客が押し寄せ大混雑。そのために、通りを埋める石灰岩の敷石は磨かれスベスベになり、

ツルツル滑って歩きづらいほど

15世紀に作られたオノフリオの大噴水も、川のないドブロブニクに住む当時の人々にとっては生命線とも言える大事な場所だったそうです。

今は、ほとんど見向きもされてないけれど

宿はすぐ近くだし、人も多いので遅くまで安心して出歩いていられますが、マルタの旧市街みたいに人がほとんどいなくなって、ひっそりとした風情を楽しめるかと期待していたのに、がっかりです(参照マルタ旅行記「ヴァレッタの夜景」)。

でも、石畳の路地裏、大好きです

そして、アイスも大好き☆




テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

【2014/03/10 20:04 】 | スロヴェニア・クロアチア旅行2013 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<スロヴェニア・クロアチア旅行2013(107)ドブロブニク 夜の旧市街その2 | ホーム | スロヴェニア・クロアチア旅行2013(105)ドブロブニク おいしいアイスの店「ドルチェ・ヴィータ」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wofo.blog122.fc2.com/tb.php/998-3d383284
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |