スロヴェニア・クロアチア旅行2013(84)プリトヴィツェ 下湖群その5

内戦の傷跡が残る園内

10時半、園内最大の滝「ヴェリキ・スラップ」を見た後、遊歩道をさらに進んでいくと、車道に合流しました。

上の写真の左のほうへ歩いていくと、林の中に家が点在していました。このまま歩いていけば、先ほど見えた対岸の遊歩道に繋がっていないかと期待したのですが、

湖から離れて行ってしまいます

小雨も降ってきました。あきらめて来た道を戻り、車道に沿って歩いていきましたが、砲弾跡の残る崩れかけの家屋などがあったりして、これまた湖への道はなさそうです。

1991年の内戦時、プリトヴィツェ国立公園は紛争の舞台となり、職員は追い出され、セルビア人に占拠されたそうです。多くの家々が焼かれ、野生動物も姿を消しました。内戦終結後、再整備が進められ、動物達も戻ってきて、今のこの姿があるのだと後で調べて知りました(><)。

そして、結局、15分ほどさまよった末にUターンして、最初に車道と合流した場所のすぐそばにある道を右折して展望台をみつけました。

おおっ、絶景!!

こここそ、目指していた対岸の崖の上

雨も上がってきました(^^)




テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

【2014/01/29 20:12 】 | スロヴェニア・クロアチア旅行2013 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<スロヴェニア・クロアチア旅行2013(85)プリトヴィツェ 下湖群その6 | ホーム | スロヴェニア・クロアチア旅行2013(83)プリトヴィツェ 下湖群その4>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wofo.blog122.fc2.com/tb.php/976-6a33386f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |