フランス旅行2012(54)パリ 市立近代美術館

パリの残り時間もあとわずか

プティ・パレを後にセーヌ河畔へ出ると、

エッフェル塔は雲の中

アレクサンドルⅢ世橋と、その奥にアンヴァリッド

この橋を渡って右に行くと、大好きなパン屋さんがあるのですが、時間が足りません。ケ・ブランリー美術館にも行きたかったけれど、今回はあきらめました。

代わりにセーヌ川沿いを歩いて向かうは

市立近代美術館
(Musse d'Art Moderne de la Ville de Paris)

足もとは水たまりだらけで、靴はビショビショ。階段にはホームレスの人が寝ていたりして、ちょっとビビッてしまいました。

ここにも無料の常設展があります

これはシャガールだったかな

力強いマチエールが印象的

レオナール・フジタの絵もあります

日本画のような繊細さを感じさせながら

左右には伝統的な聖書のモチーフ

ふしぎな味わいを醸しだしている絵でした




テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

【2013/08/25 20:05 】 | フランス旅行2012 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<フランス旅行2012(55)路線バスで空港へ | ホーム | フランス旅行2012(53)プティ・パレの無料常設展その2>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wofo.blog122.fc2.com/tb.php/885-5aba01ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |