フランス旅行2012(47)サン・ミッシェル駅 アラブ菓子店

甘いものの誘惑には勝てません

14時、サ・ジェルマン・デ・プレ教会を見て

サン・ジェルマン市場を通り

リュクサンブール公園からサン・ミッシェル駅へ

途中、見かけたコートの女性。さすがパリというべきか。派手だけど、アフリカン・テイストで洒落てます。

さて、サン・ミッシェル駅近くの通り(Rue Xavier Privas)には、エスニック・レストランが集まっています。

ディスプレイが楽しい

また、Rue De La Harpeという通りにはアラブ菓子の店「Patisserie sud Tunisien」がありました。

ゴマのペーストを固めた甘いハワラや、トルコの餅菓子ロクルムに、ナツメヤシのペーストを巻きこんだクッキーなど、どれも懐かしくて大好きなお菓子たち。

悩みに悩んで買ったのは
ホロホロッっと崩れるアーモンド風味のクッキー

値段は、1個1.5ユーロ

エジプトやチュニジアだったら、もっと安く買えるのに。しかもラードがききすぎで、臭いが鼻につきました。

やっぱり本場で買いたいなぁ(^-^;)




テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

【2013/08/18 20:01 】 | フランス旅行2012 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<フランス旅行2012(48)アラブ世界研究所 | ホーム | フランス旅行2012(46)サン・シュルピス教会>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wofo.blog122.fc2.com/tb.php/878-c5e838e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |