フランス旅行2012(45)奇跡のメダイユ教会

「聖地」に心惹かれます

11時半、遊歩道を離れ、コンコルド橋を渡ってサン・ジェルマン大通り(Bd. St.Germain)からラスパイユ大通り(Bd. Raspail)をオ・ボン・マルシェ(Au Bon marche)方面へ向かって歩いていきました。

目指すは「奇跡のメダイユ教会」

歩き始めて二十五分。あと少しで着くはずなのに嫌な予感が頭をよぎります。

昼の閉門時間になってしまうかも

曜日によって違いますが、だいたい朝7時45分からお昼まで開門。その後、いったん昼休みは閉門して、再度、開門するのです。以前それで入り損ねて悔しい思いをしたことがあるので、人波をかきわけダッシュしました。

門が開いてる!間に合ってよかった…

昼休みは13時から14時半でした。ここは聖母マリアが出現されたという、カトリック教会も公認した聖地です。

祭壇の右手には、棺に入った聖女のご遺体が、とても美しい状態で安置されています。

うーふーぽーぷー達の胸には、ここで買ったペンダントヘッドが輝いてます。また買いたかったけど、この色は売っていませんでした。

初めてここに来たのは1993年。澄んだ空気に満たされ、とても心休まる場所で、我知らず涙がこぼれていました。

でも今回はミサの時間にぶつかり、どんどん人が増えていきます。

ざわざわして落ちつかない(T□T)

でもミサが始まったら鳥肌が立ちました

フランス語はさっぱりわからないけれど、黒人の神父さんの祈りの言葉や信者の人たちの歌。

この日、ここに来れたことを感謝しました




テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

【2013/08/16 20:03 】 | フランス旅行2012 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<フランス旅行2012(46)サン・シュルピス教会 | ホーム | フランス旅行2012(44)セーヌ河畔の遊歩道>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wofo.blog122.fc2.com/tb.php/876-0fc5badd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |