フランス旅行2012(43)Le Gosslinのプラリネ・ミルフィーユ

おいしそうなお菓子屋さんがいっぱい

パリの街を歩いていると、ついついお菓子屋さんのウインドーディスプレイに目を奪われます(ただの食いしん坊とも言う(^^;))。通りかかった、とあるお店のマカロンは斬新なデザイン。

採血した注射器みたい。グロい(~~)

Le Gosslinのマカロンはハンバーガーみたい

種類もいろいろあります

見ていたら、誘惑に勝てず買っちゃいました

Le Gosslinのプラリネ・ミルフィーユ
(「あれ、マカロンじゃないの?」
と言う突っ込みはおいといて)

(Mille Feuilles Praline、3ユーロ)

Le Gosslinのフィセル(Ficel、0.45ユーロ)
皮がパリパリしておいしい

さすがバゲットコンクール優勝店!

しかし食べきれなくて翌日に持ち越すと、シナッとなってしまうのが悲しい。ホテルでは、焼いて食べるというのができないからなぁ。

そんな時はハトの餌にする

意外とそれが楽しいことを、今回のパリ旅行で知りました。でも、塩とバターってハトが食べていいのかな?




テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

【2013/08/14 20:10 】 | フランス旅行2012 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<フランス旅行2012(44)セーヌ河畔の遊歩道 | ホーム | フランス旅行2012(42)ギャルリ・ヴェロ・ドダ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wofo.blog122.fc2.com/tb.php/874-0e93a957
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |