フランス旅行2012(34)エトルタで不審者に遭遇その1

まさか、こんな所で…

11時20分、アモンの崖を降り、今度はアヴァルの崖(Falaise Aval)に登りました。

ここで多くの画家が絵を描いたのね

と再び感慨にふけりつつ、しつこく写真を撮っていたら、なにやら視線を感じました。

振り返ると、三十才位のフランス人男性が、ちらちらこっちを見ていました。私が立ち止まると、その人も立ち止まり、ちょっと進むと、その人もついてくる(0_0)。

挙動不審で、なんか怪しい

強風で天気もイマイチだから、海岸でのんびりしている人は他にいません。アヴァルの崖に登っていく観光客もまばら。

ヤバいかなと思いつつ、帰りのバスの時間があるので急いで崖に登って観光してしまうことにしました。

さっき登ったアモンの崖まで見渡せる!

しかし、ついてくるんです(~~)

私が崖の上で景色に見とれていたら、片言の英語で「写真を撮ろうか」と話しかけてきました。「結構です」と断ってもついてくるのです。へらへらと笑っている顔が不気味で、恐くなりました。でも他に人がいなくて助けも呼べない。

この階段を下りると
あの崖の中はどうなってるのかな

気になるけれど、あんな閉鎖された空間にその人もついて来たらイヤだったので、急いでその場を後にしました。




テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

【2013/08/05 20:05 】 | フランス旅行2012 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<フランス旅行2012(35)エトルタで不審者に遭遇その2 | ホーム | フランス旅行2012(33)エトルタ アモンの崖>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wofo.blog122.fc2.com/tb.php/865-07108152
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |