フランス旅行2012(33)エトルタ アモンの崖

ずっと来たかった念願の場所

ここでモネやクールベが描いた

その同じ場所に立っている!!

同じくモネが描いたフランスのルーアンの大聖堂に行った時もそうでしたが、感動です!!(参照:「ルーアンの旅行記」)

さて、エトルタには「アモン(Falaise Amount)」と「アヴァル(Falaise Aval)」という二つの崖があります。

まずアモンの崖に登ります

すさまじい風で、吹き飛ばされそうっ

アヴァルの崖のゾウ岩は「沖縄の万座毛みたい」と思ってしまうのは、私だけでしょうか(^^;)。

アモンの崖の頂上には教会があるだけ

奥には、こんな岩も見えます

浸食による造形美ですね

辺りはシーズンオフで人影もまばら。私の他には韓国人旅行客4人しかいなくて静かに景色を堪能できました(風が強いけど…)。

これで日が射してくれたら言うことなし
(ミニチュアフィルター使用)




テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

【2013/08/04 20:05 】 | フランス旅行2012 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<フランス旅行2012(34)エトルタで不審者に遭遇その1 | ホーム | フランス旅行2012(32)ル・アーブルからエトルタへ日帰り>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wofo.blog122.fc2.com/tb.php/864-d3c9b1d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |