フランス旅行2012(28)マルロー美術館その1

近づいて見みると

15時過ぎ、ル・アーブルに来たら絶対、立ち寄るべきと言われた「マルロー美術館」にやって来ました。

印象派の作品が数多く展示されています

これはmaxime maufra作
「the creek savage side(荒々しい入り江)」

岩を描くのに、青や緑も使うんだ(+_+)

海には、紫や肌色(゚ロ゚)

ルノワールの裸婦も

ルノワール「woman, tha back view」

青と黄色が微妙に重なってる

本物を目にすると、いろいろな発見があります




テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

【2013/07/30 20:05 】 | フランス旅行2012 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<フランス旅行2012(29)マルロー美術館その2 | ホーム | フランス旅行2012(27)ル・アーブルのノートルダム大聖堂その2>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wofo.blog122.fc2.com/tb.php/859-a0565bdf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |