フランス旅行2012(16)パリのホテル・アミオット

こんな部屋、初めて

この日の宿は、パリ東駅前にある「ホテル・アミオット(Hotel Amiot)」。

シングル一泊朝食付きが6000円以下。安いので「寝れればいい」と期待はしていませんでしたが、それにしてもシングルの部屋は驚きの構造でした。

部屋のドアを開けると細い通路 (@ω@)?

その先にシングルベッドと机

後ろを振り向くと、トイレとクローゼット。そして、その横に段差が三段ほどあって、下りた先に洗面台とシャワーブース。

角度を変えてもう一枚
(右の階段が、上の写真の細い通路)

室内に、なんでこんなに階段が!?
足を踏み外しそうで恐い(><)

でも使いづらくても、これくらいは許容範囲でした。許せなかったのは、

部屋もベッドも、タバコ臭い!!!

パリのホテルは禁煙じゃないのでしょうか? 後日、再びこのホテルに泊まったら、ツインの部屋の机の上に灰皿が置いてありました。

イギリスではどこのホテルも禁煙で、あるB&Bに泊まった時には、ルールを破ってタバコを吸った宿泊客がいたらしく、夜中にオーナーとケンカして追い出されてました。パリでもそれくらい厳しくして欲しいです。




テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

【2013/07/09 19:50 】 | フランス旅行2012 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<フランス旅行2012(17)ホテル・アミオットの朝食 | ホーム | フランス旅行2012(15)メレンゲ専門店オー・メルヴェイユ (Aux Merveilleux)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wofo.blog122.fc2.com/tb.php/846-efa603b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |