スイス旅行2012(77)パウル・クレー・センター

画家パウル・クレーの作品が集結

朝10時、パウル・クレー・センター(Zentrum Paul Klee)に到着しました。

地下の展示室が改装中のせいか、入館料20CHFのはずが15CHFでした。でも、クレジットカードで払おうとしたら機械が壊れていて、現金しか受け付けてもらえません。カードで払う人、いないのかな。

ここは、ベルンで生まれ幼少時代と老後を過ごした画家パウル・クレーの1万点にも及ぶ作品のうち4千点を所蔵している美術館です。

たくさんの作品を見ることができましたが、

楽しみにしていたチュニジアの絵がない(~~)

年に何度か展示を入れ替えるそうなので、お目当ての作品がある人は、

タイミングが合わないと、がっかり度が高そう

見たかった「パルナッソス山」の絵も、ここではなくベルン美術館所蔵だと後になって知りました…。

しっかり下調べして来れば良かった

館内は撮影禁止だったので、せめてもの思い出にと建物の外観を撮影。

建築家レンゾピアノ設計
波打つようなフォルムが印象的

魚眼レンズで撮ると、巨大ダンゴ虫みたい!?

これは美術館前の民家。ルツェルンやインターラーケンでは見かけなかった独特のひさし付きの屋根が目を引きます。

関連リンク





テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

【2013/03/16 20:01 】 | スイス旅行2012 | コメント(1) | トラックバック(0) | page top↑
<<スイス旅行2012(78)ベルン歴史博物館 その1 | ホーム | スイス旅行2012(76)トラムの自動券売機>>
コメント
楽しみにしていた絵が見れなくて残念でしたね。それにしても、おもしろい形。美術館とは思えない。
【2013/03/23 07:58】 | URL | さち #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wofo.blog122.fc2.com/tb.php/787-3e085eed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |