スイス旅行2012(67)ベルン旧市街 その2

何百年も時を刻み続けて

この時計塔は昔、町の西端にある門でした

毎時56分から仕掛け時計が動き始めます。鶏が告げる時報、小グマのパレード、道化師などが見られますが、

11時56分からが、一番長い仕掛けです

でも、それぞれの仕掛けが出てくる間が長すぎて、終わりなのかと思って立ち去ろうとしたら、また続く…。なんともビミョーな後味が残りました。

これ、なんだろう?

実は、お店への入口です

ブティックや画廊、ライブハウスなど半地下にある店への入口。ドアが道路に対して斜めに開くとは、おもしろいですね。




テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

【2013/02/26 20:05 】 | スイス旅行2012 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<スイス旅行2012(68)ベルン大聖堂 その1 | ホーム | スイス旅行2012(66)ベルン旧市街 その1>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wofo.blog122.fc2.com/tb.php/777-05f9ca1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |