スイス旅行2012(66)ベルン旧市街 その1

旧市街は世界遺産

10時54分、ベルン到着

15世紀の街並みが残るシュピタール通り

ベルンには、泉が100ヵ所もあるそうです。それぞれデザインが違っていて、上の写真は、「パイプ吹きの泉」。

通りでは、泉をつなぐ地下水路も見れます

ベルンではトラム(Bernmobil)が便利

これは、連邦議会議事堂前のブンデス広場

ここでは、火曜と土曜の午前中に野菜、果物と花の市場が開かれています。

これは、マルクト通り(トイカメラで撮影)

マルクト通りは旧市街のメインストリートで、牢獄塔から時計塔まで300m。両側は石造りのアーケードで、ちょうど降りだした雨を気にすることなく歩けて良かったです。

時計塔そばの建物にも注目

屋根のひさしの裏にも絵があるのです




テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

【2013/02/24 20:05 】 | スイス旅行2012 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<スイス旅行2012(67)ベルン旧市街 その2 | ホーム | スイス旅行2012(65)ツェルマットからベルンへ その2>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wofo.blog122.fc2.com/tb.php/776-b8d71f90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |