CNMS 頚性神経筋症候群(6) 治療その3

アゴを引く

ストレートネックで猫背。

これが首、肩、腰のコリをひどくする要因。なんとかしなければ、ということで考えました。簡単にできる姿勢矯正方法。

あごを引く

あごが引くと、首への負担が減ります

たったこれだけで、首の角度がぐっと変わり、首や肩への負担も減り、ストレートネックの改善にもつながります。さらに、

肩甲骨を気持ち中央に引き寄せる。

肩甲骨をちょっと中央に引き寄せると猫背の矯正に役立ちます

背筋が伸び、胸を張って、あごも自然と後ろに引く形になります。

さらに、おしりにきゅっと力をいれ、おしりの左右の筋肉を中央に引き寄せると、正しい姿勢に近づきます。

長年しみついた体のクセは容易に抜けない

首の筋肉が凝り固まっているから、最初はうまくあごが引けませんでした。

さらに橋本病で喉もとの甲状腺が腫れているので、あごを引くと圧迫感があり、ついあごを突き出してしまいます。

気を緩めると、すぐ楽な姿勢に戻ろうとする。

でも、それは本当は体に負担をかけている。

それを肝に銘じ、意志を強く持ってがんばらねば!

続けていればきっとストレートネックが改善し、背中のS字カーブも戻ってくるはずと信じて。




【2008/03/25 12:27 】 | CNMS 頚性神経筋症候群 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<CNMS 頚性神経筋症候群(7) 操体ストレッチ | ホーム | CNMS 頚性神経筋症候群(5) 治療その2>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wofo.blog122.fc2.com/tb.php/77-9eb762a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |