香川・高知の旅 2012年(11)龍河洞その4

ここで暮らしていたなんて

ちょっとわかりづらいけれど、
ここからは下りです

その先に、巨大な鍾乳石や石灰岩に埋もれつつある弥生式土器があります。

その名も「神の壷」

その昔、弥生時代にここで暮らしていた人が使っていたものだそうです。

住居跡も残っています

そして、神の壷と同じように石灰岩に取り込まれる壷の実験を昭和12年から行っています。

今年で75年目。まだまだ時間がかかりそう

約1時間後の17時、見学終わり

外の明るさが目にしみます

やっぱり地上って、いいですね


関連リンク




テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【2012/10/01 20:05 】 | 国内 二泊以上の旅 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<香川・高知の旅 2012年(12)おいしい「骨付鳥 一鶴」 | ホーム | 香川・高知の旅 2012年(10)龍河洞その3>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wofo.blog122.fc2.com/tb.php/701-bfb560d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |