友達が肺がんで…

心からご冥福をお祈りいたします

久しぶりにイラストレーターをやっている友達のブログを見に行って衝撃の事実を知りました。

「昨年5月に永眠いたしました」

うそ!!!!!!!(○□○;)

まだ40歳だったのに…

彼女とはロンドンのアートスクールで知り合いました。お互いに編集の仕事を辞めて留学してきたことから意気投合し、

休日にはロンドンの街を散策したり

ブラマン・ティー・アンド・コーヒー博物館のティールームでお茶する遊

泊りがけでパリに遊びに行って

リュクサンブール公園

ロンドンよりパリのほうがいいなんて話したり

ソルボンヌ大学を見つめる遊

寒さに震えながらロンドンの花火を見たり、彼女のフラットでご飯を作って食べたり…。

彼女がいたから、感じられたこと

彼女がいたから、できたこと

たった半年間のロンドン生活でしたが、前向きで明るい彼女のおかげでどれほど励まされたかしれません。

人が死ぬのは避けられないことだとわかっています。でも、二年前の母の急死以来、身近な人の死が相次ぎ、もう悲しいニュースは聞きたくないと思っていた矢先の出来事でした。

年明け早々、落ち込んでます (ゝ_ゝ;)

だけど考えてみれば、自分だって二年前の交通事故で、命を失っていたかもしれない。こうして生きているのは、幸運以外の何者でもない。そう気づいたら、天に召されてしまった人たちの分も、

精一杯できることをやらなくちゃいけない

ロンドンのアルバート・メモリアルで見た虹

そんな風に思った2012年の年明けでした

関連リンク




テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

【2012/01/03 21:50 】 | 管理人のつぶやき | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
<<ラスベガス&グランド・サークル旅行2011(59)ルート66 セリグマン | ホーム | 2012年 新年のご挨拶>>
コメント
>さちさん
ありがとうございます。「平均寿命80歳」だから、まだまだ時間はあるなんて思っていたのですが…。人生何が起こるかわかりませんね。
【2012/01/04 09:46】 | URL | 管理人(kiyo) #-[ 編集] | page top↑
40歳で…v-12 なんと言えばいいかわかりませんが、気を落とさないでください。それから、お友達のご冥福をお祈りいたします。
【2012/01/04 09:01】 | URL | さち #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wofo.blog122.fc2.com/tb.php/591-f3401421
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |