マカオ・香港旅行2011(36)再び、聖ポール天主堂へ

マカオに来て初めての晴天

曇り続きだったけれど、絶好の撮影日和になりました!

ということで再び、聖ポール天主堂へ

聖ポール天主堂

日があたると、生き生きして見える

聖ポール天主堂のファサードの七つの頭を持つ龍や聖母の彫刻

17世紀に日本人も製作に携わったというファサードの彫刻も、くっきり。

ヨーロッパっぽいけれど、やはりどこか東洋の雰囲気が漂う彫刻ですね。




テーマ:香港 - ジャンル:旅行

【2011/07/01 20:16 】 | マカオ・香港旅行2011 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
<<マカオ・香港旅行2011(37)ウィン・マカオの噴水ショー | ホーム | マカオ・香港旅行2011(35)マカオ三大古刹の蓮渓廟>>
コメント
>さちさん
イエズス会の聖人のほかに、7つの龍の頭を持つ悪魔とか、その悪魔を踏みつけるマリア様とかが彫りこまれているそうです。
【2011/07/04 08:48】 | URL | 管理人(kiyo) #-[ 編集] | page top↑
ほんとだ。ドラゴンのようなワニのような亀のような…なんだろう???
【2011/07/01 22:07】 | URL | さち #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wofo.blog122.fc2.com/tb.php/475-b1113dfc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |