子どもにおくる戦争があったころの話

おすすめ本です

私の作品ではないのですが、

「子どもにおくる戦争があったころの話」

という本があります(鈴木 喜代春〔他〕編 らくだ出版)。

私の作品ではないのですが、私の原稿が掲載された「子どもにおくる私のお手伝いの話」と同じシリーズです。

この本を読んで感動し、私もこのシリーズに原稿を書きたいと思うきっかけになりました。

400字という短い文章の中に、非常にインパクトのある戦争体験が描かれています。

当時のことを知る人がどんどん少なくなっていく今、こういった作品を残していかないといけないなと思いました。

本の詳細は下記をご覧下さい。

子どもにおくる戦争があったころの話




【2007/12/12 12:08 】 | 作品・ニュース | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<九月二十六日午後七時三分 停電 | ホーム | 子どもにおくる私のお手伝いの話>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wofo.blog122.fc2.com/tb.php/35-05d1272a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |