絵文字でイメージ

アハ体験

本ネタが続きますが、先日、読んだ本がおもしろかったのでご紹介します。タイトルは、

故事から学ぶエピローグ 絵文字でイメージ
(国語研究会 編、むさし書房)

「故事から学ぶエピローグ 絵文字でイメージ」の本を見るクマクマウーとチビチビフーにポーニャとプーニャ

クイズ感覚で楽しめる漢字についてのさまざまなエピソードが載っています。例えば、

  • 絵文字でイメージトレーニング
  • 4つの漢字に「共通する部首」を追加して新しい字にする
    (例:「召、丁、旨、包」に共通して付く部首は?)
  • 当て字の読み方
    (例:「柳葉魚」「乾酪」はなんと読む? 答えはページ下へ。)
  • 四字熟語や故事のエピソードなど、その他いろいろ

例えば、この象形文字。

「故事から学ぶエピローグ 絵文字でイメージ」の本を見るクマクマウーとチビチビフーにポーニャとプーニャ

なんという漢字だと思いますか?

この形から想像できるものは?

さあ、想像力をフル回転!

答えは「参」です。

「頭に3つの丸い飾りを付けた人が跪ずいている様子」を表しています。

そんな問題がいくつも載っているのですが、「なるほど!」とわかった瞬間、脳が心地良さに包まれる、これって「アハ体験」なのではないでしょうか。

漢字なんて興味なかったのですが、もっと勉強してみたらおもしろそうだなと思いました。

手ごろなサイズなので持ち運びも便利。通勤電車の中でちょっとした暇つぶしになっています。

ところで、クイズの答えですが:

  • 「召、丁、旨、包」に共通して付く部首は「てへん」。
  • 「柳葉魚」は「ししゃも」、「乾酪」は「チーズ」。


【2009/01/23 12:01 】 | 管理人のつぶやき | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
<<CNMS 頚性神経筋症候群(20) ストレスに強くなる発芽玄米 | ホーム | CNMS 頚性神経筋症候群(19) 気持ちが落ち着く曲>>
コメント
>さちさん
漢検って受けたことないのですが、それを目標に漢字の勉強したらおもしろいかな、なんて思っているところです。
【2009/01/26 12:01】 | URL | 管理人(kiyo) #-[ 編集] | page top↑
流行りの漢検みたいですね。象形文字って、おもしろ~い。
【2009/01/26 11:05】 | URL | さち #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wofo.blog122.fc2.com/tb.php/177-0a55bb12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |