桐生が岡動物園

実は身近にあったのに

ここ桐生の街の見所のひとつが、のこぎり屋根の織物工場です。市内数ヶ所で見ることができますが、そのひとつがこの

大谷石造りの旧曽我織物新工場

大谷石造りの旧曽我織物新工場

おもしろい形だなと思って見ていたら、ふと気がつきました。

うちの近所に同じ形の建物がある!

いつも目にしているのに、気にも留めていませんでした。

私の住む町も、かつて織物の町でした。今ではすっかりなくなりましたが、子供の頃はあちこちから機織りの音が聞こえていました。

「見ている」ようで「見ていない」。

あらためて人間の目や脳の働きに驚きました。

直感に導かれて

あの道、すごく気になる

のこりぎ屋根の工場を背に右のほうを見ると、山の上へと通じる階段が目に入りました。

なんだかすごく登ってみたくなって、急遽、コースを変更。

常光寺」というお寺への階段だったのですが、少し上ったところですぐ左手の足場の悪い階段をさらに上ると、墓地の中へ入りました。こんな所を通っていいのかと思いましたが、

「墓参と桐生が岡動物園 近道」

という看板を発見。朝9時から夕方4時30分までしか通れないそうですが、なんていう所に近道があるのでしょう。

見晴らしサイコー!

寂光院から見た桐生市内

お墓で眠っている方々に「お騒がせしてごめんなさいい」と心の中で謝りながら、さらに上っていくと、右手奥に「新居日薩ゆかりの名刹 寂光院横山町」という看板があり、なにやら出入り口がありました。

そこを抜けると、なんと動物園!

桐生が岡動物園の園内図

こんなに広くて、ライオン、サル、フラミンゴ、クジャクにポニーなどいろいろいるのに

無料なんです!!

桐生市ったら太っ腹。どうやって運営が成り立っているのでしょう。

ゾウのイズミちゃん

アジアゾウのイズミちゃん

昭和30年生まれの長生きゾウさん。

現在、日本で飼育されているアジアゾウで、6番目に長生きだそうです。

一人遊びしたり、鼻で水をかけてきたり、とっても元気で好奇心いっぱい。

腕を伸ばしてパイルベアとイズミちゃんの写真を撮ろうとしたら、ご覧の通り。こっちに寄ってきて興味津々。

それから、珍しいキジがいました。

新春にふさわしいおめでたい色

金鶏(きんけい)

動物園なんて何年ぶり。動物は見ているだけで心和みます。愛らしい姿をスケッチしたり、見とれたり、思わぬ楽しさ発見の旅でした(昨年末の1泊2日栃木の旅はこれでおしまいです。やっと書き終わった・・・)。

【栃木・桐生の旅 目次 (1) >(2) >(3) >(4) >(5)】

関連リンク




【2009/01/18 22:30 】 | 国内 一泊二日の旅 | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
<<CNMS 頚性神経筋症候群(19) 気持ちが落ち着く曲 | ホーム | 織物の町 桐生>>
コメント
>wacky さん
そうです、この鳥は金鶏です。よくご存知ですね。私は全然、知りませんでした。3羽くらいいたのですが、どれももじっとしていないので写真を撮るのに苦労しました。最後は意地になって鳥小屋の金網にはりついてました・・・。

私は、目的の場所までの道とかは直感が当たること多いのですが、食べ物屋に関しては、はずれが多いかも。食べ物をはずすと悲しいですよね~。
【2009/01/21 11:03】 | URL | 管理人(kiyo) #-[ 編集] | page top↑
>あいさん
すごくインパクトのある鳥でした。隣で見ていた派手なメイクと服装の女の子ふたりづれがこの鳥を見て、「これ、いい! 超気に入った!」と騒いでました。色彩感覚的に何か通じるものがあったのでしょう(^^)。
【2009/01/21 10:56】 | URL | 管理人(kiyo) #-[ 編集] | page top↑
もしやこの鳥は金鶏(キンケイ)では?

織物工場ってのこぎり屋根が特徴なんですねぇ。知らなかった。

旅先での直感はあたるとうれしいですね。食べ物屋なんかは、直感が働きますようにと祈って店に入ります。結果は五分五分かな(笑)
【2009/01/21 01:05】 | URL | wacky #-[ 編集] | page top↑
すごい”イケイケ”な鳥ですね~。はじめて見ました。
【2009/01/20 16:44】 | URL | あい #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wofo.blog122.fc2.com/tb.php/175-de97ed9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |