FC2ブログ
エジプト旅行2010-2011(23)エドフ神殿に到着

1996年以来、15年ぶり、5回目の訪問

車を降りて、エドフ神殿の門を抜けると、下記のような風景が広がっていました。カルナック神殿同様、テロ対策でしょう。入口まで見通しがすごく良くなっていました。

昔に比べ、入口まで遠い…(T□T)

入場料は50ポンド(700円)

エドフ神殿は、紀元前237年、プトレマイオス3世によって建設が開始され、約180年後のプトレマイオス12世が完成させました。

15年前に比べると、
風化が進んだように感じます

この神殿は、エジプトで
最も保存状態の良いもののひとつです

1860年頃に発掘作業が始まるまで、この神殿は砂に埋もれていたため、こうした美しい姿を現代にまで残すことができました。

塔門の裏側にも神々のレリーフ

周囲の壁には、太陽神ラーの化身

再生と復活を意味するスカラベですが
なんだかカブトムシみたい(^^;)!?

そんな笑えるものがある一方で
ファラオがホルス神に胸飾りを渡す場面は

キリスト教徒の手で、ノミで削られ

こんな無残な姿になっています(0_0)



テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

【2019/11/24 07:01 】 | エジプト旅行2010-2011 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<エジプト旅行2010-2011(24)エドフ神殿の列柱室 | ホーム | エジプト旅行2010-2011(22)エドフ駅での幸運な出会い>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wofo.blog122.fc2.com/tb.php/1721-cabcc69c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |