FC2ブログ
カナダの旅2014(19)オンタリオ博物館 ハトシェプスト葬祭殿の壁画その2

ハトシェプスト葬祭殿の壁画の見学、続行中

次は、壁画の左側を見ていきます

ここに描かれているのは、プントからの貢物

乳香、黒檀、象牙に

猿や犬、豹皮などがエジプトにもたらされました

マントヒヒも連れてこられたようです

カゴに入れて木も運ばれてきています

平面的に描く古代エジプトの技法では、手前と奥にいる人物の描き方が独特な点も見逃せません。

丸屋根の家々は、プントの高床式住居で、
入口に梯子がかかっているのが見てとれます

木々の下には、たくさんの牛がいます

そして、削り取られたハトシェプスト女王の姿や

王の名が刻まれていたはずの
カルトゥーシュも見ることができます

これほどの壁画を、エジプトに行かずして見ることができる。エジプト好きであれば、一日中でも見ていたい展示でした。



テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

【2018/08/31 07:01 】 | カナダの旅2014 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<カナダの旅2014(20)オンタリオ博物館 古代エジプトその他の見所1 | ホーム | カナダの旅2014(18)オンタリオ博物館 ハトシェプスト葬祭殿の壁画その1>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wofo.blog122.fc2.com/tb.php/1600-75a00f5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |