FC2ブログ
2012年11月(76)ウィリアム モリスのケルムスコット ハウス

ウィリアム モリスが暮らした家

カムデン タウンを散策後、カムデン駅前から27番バスに乗車。所要45分でハマースミス Hammersmith駅に到着。

13時50分

ここから歩いて10分。ヴィクトリア朝の工芸デザイナー、詩人、文筆家であるウィリアム モリスが1878年から住んでいた「ケルムスコット ハウス Kelmscott House」へ向かいます。

ずんずん歩いてRivercourt roadからGrand West roadへ出ようとしましたが、柵があって渡れません。しかたなくKing Streetを渡り、Nigel Playfair Avenueで地下道を通ってA4道路を渡ることにしましたが、

まったく、なんて遠回りさせるのか(--;)

そして、ようやくテムズ川沿いに出ましたが、

それらしき建物が見つかりません(ゝ_ゝ;)

あちこち探して、あきらめかけた頃、一軒のカフェに遭遇。店員さんに尋ねると、おそらくあそこではないかと近くの建物を教えてくれました。

見学は無料で
一般公開は、毎週木曜と土曜の午後2時から5時

わざわざ、その日を選んで来たと言うのに、G階では講演会のまっ最中で見学不可 Σ( ̄ロ ̄lll)。それ以外の居間と地下の印刷室のみ見ることができました。

それでも、モリスがこの居心地の良いリビングで創作していた姿を想像すると、不思議な感動に包まれます。

きっと窓からテムズ川の夕日も見ていたことでしょう

14時50分、ケルムスコット ハウスを見学後、テムズ パス(Thames Path)と呼ばれるフットパスを歩いてファーニバル ガーデンズ(Furnival gardens)へ向かいました。

私は、昔、半年ほどロンドンで生活していことがあります。ここから歩いて30分ほどの所に部屋を借り、このファーニバル ガーデンズにも、たびたび足を運びました(その時はケルムスコット ハウスが近くにあると、まったく知りませんでしたが)。

川面に映る鳥の姿や

空をいく飛行機を見ていると

今、この場にいられることが、すごく幸せに思えました

その帰り道、バーゲン本を扱う本屋「The Book Warehouse」で絵画テクニックの本を見つけて購入。半額以下の、たったの3.99ポンド(約560円)!!

こんなに安く買えるなんて
ウィリアム モリスのお導きに違いありません!

さて、これで2012年11月のイギリス旅行記はおしまいです。近日中に、また新たな旅行記を書きはじめますので、お楽しみに!

    関連リンク

  • ウィリアム モリスのケルムスコット ハウス公式サイト
    Kelmscott House



テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

【2018/02/06 07:01 】 | イギリス旅行2012年11月 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<イギリス旅行2012年11月 目次 | ホーム | 2012年11月(75)パンクでキッチュなカムデン タウン>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wofo.blog122.fc2.com/tb.php/1543-e821d3dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |