2012年11月(72)ヴィクトリア & アルバート博物館 その1

ロンドンで一番お気に入りの博物館

通りをを歩いていると、道路に馬(@@)!

ハイドパークで乗馬でしょうか、びっくりしました

この日の天気は曇り。気温は摂氏3度

寒々しい空に、鳥も元気がないようです

さて、この日は授業がないので、朝からスケッチをしようとヴィクトリア & アルバート博物館(Victoria & Albert Museum)にやって来ました。

11月24日撮影

1998年以来、ここには何度も足を運びましたが、今回、館内が大幅に改装されていました。以前はなかった展示室がオープンしたり、お目当ての品が見つからなかったり戸惑ってしまいました。

10時10分

館内には絵画、彫刻、ファッション、工芸品などが展示されています。その中で異彩を放っていたのが、期間限定の「日本のゴスロリ展」。この歴史ある博物館で、こうした展示はかなり異色に感じました。

さて、このネプチューン像からスケッチします

私の大好きなイタリアの彫刻家ベルニーニの作品

それから、中国 晋王朝の坐像もスケッチ

11月24日撮影

服のドレープは、木から彫ったとは思えない質感です

11月24日撮影

真ちゅうの製図用コンパス
(Brass compasses。イラン、1800-75年)

まるでUFOみたいなこの食器は

銀とエナメル細工のシュガーポットとシュガーボウル

アルミ板を重ねたCandle stick(Max war)は
今にもぷるぷると動き出しそうで

11月24日撮影

モスクワで作られたミルクジャーは

11月24日撮影

イスラム文様の細やかさは目をみはるほど

11月24日撮影

まわりも気にせず、しゃがみこんでスケッチしました

11月24日撮影

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

【2018/01/21 07:03 】 | イギリス旅行2012年11月 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<2012年11月(73)ヴィクトリア & アルバート博物館 その2 | ホーム | 2012年11月(71)サーチ ギャラリー>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wofo.blog122.fc2.com/tb.php/1539-2c34d908
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |