2012年11月(70)ロンドン自然史博物館

世界でもトップクラスの博物館

この立派な建物は、ロンドンの自然史博物館
(Natural History Museum)

ロマネスク様式の大聖堂のように見えますが

世界でもトップクラスのこの博物館には

動物学・昆虫学・古生物学・植物学・鉱物学に関する7,000万点以上の収蔵品がおさめられています。

ここにはロンドンに来るたび何度も足を運びましたが、まだ見ていなかったのが、この鉱物展示コーナー。

1100万年前の火星の隕石 Martian Meteorite
1911年、エジプトで発見されました

この水晶(Crystal with a crystal)
アクアマリンの核を内包しています(アフガニスタン出土)

バタースコッチという名の水晶は
キャラメルのお菓子みたい(2006年、アリゾナで発見)

玉虫色の鍾乳石は
溶岩の森のミニチュアのようです
(Iridescent stalactites in parallel position, Nassau出土)

展示品はまだまだありますが、今回は時間がないので、これだけ。館内は改装されて、以前より綺麗になったようでした。けれど、まだ改装中なのか、見学できる展示室が減ったように感じられたのは、残念でした。

さて、最後に、出入り口にも注目

柱の台座に彫り込また鷹もかわいかったです(^^



テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

【2018/01/13 07:01 】 | イギリス旅行2012年11月 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<2012年11月(71)サーチ ギャラリー | ホーム | 2012年11月(69)St.Mary Abotts>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wofo.blog122.fc2.com/tb.php/1537-4ce55105
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |