FC2ブログ
2012年11月(63)SFチックなテートモダンの夜景

最後に大事件が

15時、バラ マーケットを見た後、やって来たのは、近現代美術館「テート モダン Tate Modern」(写真は、美術館前のミレニアム ブリッジ)

ジャコメッティ(Albert Giacometi)
「Seated man」

ピカソ

ワシリー・カンディンスキー(Wassily Kandinsky)
「Swinging」

ここに来るのは、2010年以来
(その時の様子は「イギリス旅行2010(7) テート・モダン」参照

その時は現代美術には興味なかったのですが、今回、アートカレッジの授業で取り上げられた作品が数多くあり、非常に興味深く鑑賞することができました。

自分の中に下地があると
見過ごしていた作品が目に飛び込んでくるようです

さて、これは15時、三階のテラスからの眺め

それが16時20分には、もう日暮れ (゜_゜) 

この時間で、すでに夜景とは日が短すぎ

16時20分

16時45分、外に出てみると

ミレニアム ブリッジはSF映画に出てきそう

テムズ川沿いは人通りが多いので

暗くても安心して歩けるのが嬉しいです

Citycruisesの船から、この夜景を眺めてみたい

などと思いつつ、17時。疲れたので、これでホテルに戻ります。ミレニアム ブリッジを渡ってセント ポール大聖堂前のバス停へ向かいましたが、

ここで大失敗(*_*;)☆\(-_-メ)

バスはなかなか来なくて寒いので、使い捨てカイロを手袋の中に押し込みました。そして、鞄から取り出したオイスターカード(suicaのような非接触型ICカード乗車券)を握りしめていたのです。

セント ポール大聖堂のライトアップが素敵

バスが来ないかと気にしつつ、カメラを取り出し撮影しました。そして、しばらくすると、バスが来たので乗り込もうとすると…

オイスターカードがない(@o@)

周囲を探すも、どこにもありません。もう誰かが持っていってしまったのでしょうか。

チャージしていた2400円がパー(T_T)

物価の高いロンドンでちまちま節約してきたのに…。あまりのショックに言葉も出ませんでした。それでも、

すぐ替えがきくもので良かったのかもしれません

もしクレジットカードだったら手続きが大変だし、もしコニャニャをなくしていたとしたら、取り返しがつきません。

そう自分を慰めながら、セント ポール駅まで歩いて、オイスターカードを購入し直しました。それから、23バスでホテルへ戻りましたが、

夜景がやけに物悲しく見えました(T-T)



テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

【2017/12/17 07:01 】 | イギリス旅行2012年11月 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<2012年11月(64)サマセット ハウスの夜景 | ホーム | 2012年11月(62)ザ・シャードとバラ マーケット>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wofo.blog122.fc2.com/tb.php/1530-a41d9719
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |