2012年11月(57)ロンドン博物館 その1

ロンドン発祥の地に建つ博物館

ロンドンには数多くの美術館や博物館がありますが、その中でもシティにある「ロンドン博物館(Museum of London)」は穴場と言えるかもしれません。

パディントン駅から23番バスに乗り

St.Paul Cathedralで下車

そこから歩いて8分の所にあります
10時37分

入場は無料
(ただしロッカーは有料、1ポンド)

旧石器時代から現代までロンドンで出土した土器や人骨、人々の生活やファッション、文化などさまざまな分野の展示品を収蔵しています。

これは、テムズ川でウナギを捕まえる罠

左は、魚釣りの罠と錘石(Fish trap with stone weights)で、右にあるのは、槍(Eel spear)。テムズ川でウナギが取れるということに、びっくりしました(@@。

それから、ポマンダー(pomander。匂い玉)

19世紀のロンドンの大気汚染は呼吸器疾患を引き起こすほどひどいものでした。その予防として匂い玉を持ち歩き、病気にならないようにしていたそうです。

ヴィクトリア朝の街並を再現したヴィクトリアン・ウォークでは、ウィンドーショッピング気分が味わえます。右側のお店はコーヒーショップでしょうか。コーヒーカップやコーヒーミルが置いてあります。

これは、お菓子屋さんでしょうか

手前のケースには量り売りのビスケットが入っています

これは当時の部屋の再現

室内用の木馬が、かわいいです

ドールハウスも展示されていました

ミニチュアとは思えない精巧さです

それから、個人的にすごく懐かしいものを発見。以前、ロンドンのアートカレッジの授業で学んだTheater box。

 1998年、St.Martinサマーコースの絵本コース

正面から覗くと、立体的に見えるのです



テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

【2017/11/29 07:01 】 | イギリス旅行2012年11月 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<2012年11月(58)ロンドン博物館 その2 | ホーム | 2012年11月(56)サイエンス ミュージアム>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wofo.blog122.fc2.com/tb.php/1524-00b357f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |