FC2ブログ
2012年11月(54)ジョン ライランズ図書館

マンチェスターで一番気に入った場所

ウィットワース アートギャラリー(Whitworth Art Gallery)でお目当ての作品を見れず、時間を無駄にしたとの思いがぬぐえないまま歩いて30分。先ほど訪ねた市庁舎のすぐそばにある、

ジョン ライランズ図書館 The John Rylands Library

ここが、本当に素晴らしかった!

地下一階、地上五階建ての建物は1890年代に建てられ、世界で最も美しい図書館のひとつと言われています。

見学は無料

ヴォールト天井の回廊を歩いて

3階の‌The Historic Reading Roomへ向かうと

華麗なネオ・ゴシック様式の建物は

映画「ハリー・ポッター」の世界を髣髴とさせます

1階のRylands Galleryで貴重な本の展示を見ていると、埼玉に住んでいたというスペイン人の学生さんに「よかったら連絡して」と声をかけられ、facebookのアカウントを書いたメモを渡されました。

これってナンパ!?

…かと思ったら、その人はさっさと行ってしまいます。あっさりし過ぎてて、何だったのか。まあ、しつこく声をかけられるよりマシですが。

それから、Crawford roomには、この図書館の創設者Enriqueta Rylands氏が、105,000ポンドでCrawford伯爵から買い取った6,000点以上の写本コレクションが展示されています。

どこからかシャーロック・ホームズでも現れそう

などと雰囲気に浸っていたら、ロンドン行きの電車の時間が迫ってきました。ところが!

出口は、どこ?

ここに来るまで歩いてきた回廊や階段が、見つからない。建物の造りが少々わかりづらく、こんな時に限って職員の姿も見つからず、

迷子になってしまいました(><)

それでも必死に駆け回り、なんとか出口を見つけ、ロンドン行きの列車の時刻までにはマンチェスター駅に到着することができました。

最後はバタバタしたマンチェスター滞在でしたが、すごく楽しかったです。写真は、途中の露店で買った柿。4個でたったの1ポンド(139円)でした。

13時

関連リンク




テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

【2017/11/20 07:01 】 | イギリス旅行2012年11月 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<2012年11月(55)ハイドパークの紅葉 | ホーム | 2012年11月(53)ウィットワース アートギャラリー>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wofo.blog122.fc2.com/tb.php/1521-00da8359
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |