2012年11月(40)リヴァプール大聖堂の展望台

寒さにも負けず

リヴァプール大聖堂には高さ101mの塔があり

5ポンド払うと、エレベーターで登ることができます

聖堂内の音声ガイドやシアター入場券も付いてきます

二基のエレベーターを乗り継ぎ

10階で下りたら、108段の階段を上がります

その途中、高さ67mのBell chemberが見えてきます

13個の鐘の組み合わせで、総重量31トン。英国一の重たいこの鐘は、クリスマスやイースターなど特別な時だけ鳴らされるそうです。

その鐘を見下ろしつつ右側の階段を上ります

そうして、ようやく展望台に到着

素晴らしい景色が広がっていました!

さすが巨大な大聖堂だけあって、影も迫力があります

奇妙な形の建物は、ローマ・カトリックの「リヴァプール メトロポリタン大聖堂(Liverpool Metropolitan Cathedral)」。

正面に見えているのは、アルバートドックとマージー川

美術館「テート リバプール」は、この後、見学しに行きます

マージー川の対岸へ渡るフェリー乗り場や

風力発電機も見えます

すぐ真下を見ると、足がすくみますが

こうして上から見ると

整然とならぶ家々は

おもちゃのように思えました

この素晴らしい眺めの唯一の欠点

それは、この隙間からしか覗けないこと

しかも、気温は摂氏3度。手がかじかんで、カメラもうまく操作できないほどでした。



テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

【2017/10/09 07:01 】 | イギリス旅行2012年11月 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<2012年11月(41)ウォーカー アート ギャラリー | ホーム | 2012年11月(39)リヴァプール大聖堂>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wofo.blog122.fc2.com/tb.php/1507-68bc474b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |