FC2ブログ
2012年11月(35)マンチェスター ブリタニア ホテル

もう二度と泊まりたくないホテル

マンチェスターでは、無料バス「Metroshuttle City Centre」が便利です。 路線は2つあって、主要な鉄道駅やライトレール「Metrolink」の停留所などを通って循環しています。

マンチェスター ピカデリー駅から無料バスの3番に乗車して、2つ目のバス停「ポートランド ストリート」で下車。

来た道を少し戻ると、駅から8分もかからず、この日の宿「ブリタニア ホテル(Britannia Hotel)」に到着です。

口コミサイトでの評判も良く、ロビーはまるで宮殿

11月28日撮影

マンチェスターにはもっと安くて良いホテルもあったけれど、一泊くらいは贅沢気分を味わおうと予約していきました。

上層階で下りると
エレベーターホールが部屋かと思うほど優雅

ロビーまでは吹き抜けになっていて

覗き込むと、その美しさに見とれてしまいました

けれど、楽しかったのは、ここまで(~~

五階からさらに階段を上がると、雰囲気は一変。殺風景な通路の先に、私の部屋がありました。

「turret bedroom(小塔の寝室)」と呼ばれるこの部屋は、かつて小間使い用だったのではないでしょうか。

それを無理やり客室にしたみたい。小さな窓がたったひとつ。しかも、外も見えない高さです。

優雅さのかけらもありゃしない(~_~

机の上には25インチのブラウン管テレビとティーセットが置いてあり、物を置くスペースもありません。

日が暮れると、暗くて日記を書くこともできません

そんな暗い部屋とは対照的に、バスルームは何倍も明るいので、ここに椅子を持ち込んで日記を書きました。

お風呂はバスタブ付きですが、蛇口から水とお湯が別々に出てくるので、使いづらいことこの上なし。

あまりに暗くて不便なので「追加で灯りが欲しい」と電話したら、すぐ人をよこすと言ったのに、

30分待っても音沙汰なし

もう一度、電話したら、やっとハウスキーピングのおばさんが来たけれど、「灯りはない」の一言。

超感じ悪い(゚ロ゚)!!

無料Wi-Fiも部屋ではつながらず、5階のエレベーターホールのソファーに座って操作する始末。

部屋よりエレベーターホールのほうが落ち着いて過ごせる
これって、どういうことなんでしょう(T□T)

さらに、17時、外出してホテルに戻ってきたら、エレベーターに乗るのに大行列。

こんなに大きなホテルなのに
たったの2機しかないなんてありえない!!




テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

【2017/09/24 07:01 】 | イギリス旅行2012年11月 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<2012年11月(36)マンチェスター博物館 その1 | ホーム | 2012年11月(34)ロンドンからマンチェスターへ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wofo.blog122.fc2.com/tb.php/1502-b5576560
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |