2012年11月(22)オックスフォード B&B ファルコン

切り盛りするのも大変なのでしょうが…

さて、ここからはロンドンでの週3日の授業の合間に訪れたオックスフォードの旅行記になります。

ホテルでの朝食後、朝9時、パディントン駅に到着

オックスフォードと言えば有名な観光地でもあり、ロンドンからは通勤圏でもあります。

それなのに列車は、たったの二両!!

しかも、先頭車両のドアしか開きません(T□T)

列車のホーム番号が表示された途端、改札前で待っていた乗客は、猛ダッシュ。私も負けじと、キャリーケースを引っ張って走りました!

車内は混雑していましたが、なんとか座れて一安心

9時21分、パディントン駅を出発した列車は、10時24分にオックスフォード駅に到着。

補足ですが、ロンドンの駅のトイレは有料ですが、オックスフォード駅のトイレは無料だったのが嬉しかったです。

11月21日撮影

オックスフォード駅からは、Redbridge park & ride & Abingdon行きcity X3バスに乗って、この日の宿に向かいます。

10時40分、

バスの運賃は片道2.8ポンド(約390円)
往復切符だと、4.2ポンドでした

この日、宿泊するのは、B &B Falcon(ファルコン)。バス停「the Newton Road stop」の目の前で、町の中心部へは歩いて10分ほど。

オックスフォードの宿はどこも満室で、ようやく見つけた宿でしたが、部屋に入ってがっかり。

シングルは、ご覧の通り、極狭…

17時30分、

イギリスのB &Bのシングルはたいていこんなものですが、スーツケースを広げるスペースもありません。おまけに、窓のブラインドは壊れていて上げ下げできないし、テーブルもイスもゴミ箱もない。車道に面しているから、音も良く聞こえます。

最悪だったのは、トイレに汚物が残ったまま(><)

B &B自体は立地もそこそこ良いし、オーナーさんも優しそうな女性だったのですが、これはあんまりです…。

翌朝は7時30分から朝食

他のお客さんはまだ寝ているらしく、一番乗り

卵料理はスクランブル、目玉焼き、ポーチドエッグのいづれか。パンは白か全粒粉かを選んで、待つこと15分(~~)。

全然、料理が出てきません

一番最初に来た私でこれですから、あとから来た人たちは、もっと待たされていました。

でも、待った甲斐はあります! 半熟のポーチドエッグにプリプリしたソーセージがおいしくて、ボリュームも満点。リクエストすると、クロワッサンやローファットヨーグルトも出してくれるようでした。



テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

【2017/08/17 07:01 】 | イギリス旅行2012年11月 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<2012年11月(23)アシュモレアン博物館 その1 | ホーム | 2012年11月(21)セブン シスターズのフットパスcrowlink その2>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wofo.blog122.fc2.com/tb.php/1489-13f75aab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |