イギリス旅行2012(42)カナリー ワーフ散策その1

ロンドンのまた違った一面が見える地区

夜景を見に行ってびしょ濡れになった翌朝は、ご覧の通りの快晴でした。

7時30分

朝食後の朝9時30分、フェリーに乗り込み

ひときわ目立つガーキンを眺めながら

また、カナリーワーフへやって来ました

今いるのはMontgomery square

対岸に見えているのが、宿泊したヒルトン

9時40分

フェリーを降りてテムズ川沿いを散策。振り返ると、右にヒルトン、左にカナリーワーフの桟橋が見えます。

この辺りにはフラットが建ちならんでいますが

環境の良さからか、けっこうなお値段がするそうです

また、ナロー通り(Narrow st)から
テムズ パス(Thames path)へ向かうと

ゲートの先にフットパスがあります

さらに、別のゲートもありますが

8時から21時まで開いています

天に突き刺さるような建設中の「ザ・シャード」と

とうとうと流れるテムズ川とシティの眺め

思い切り深呼吸したくなるような朝の光景です

10時

フェリー乗り場まで戻ってカナリーワーフ駅へ向かうと

緑と水にあふれた
ジュビリー公園(Jubilee park)があります

また、近くには「カナダ スクエア パーク(Canada square park)」という公園もあります。イベントのリハーサル ライブなども行われ、ショッピングにピクニックなど一日いても楽しめそうなエリアです。

ただ、公衆トイレが問題

フェリー乗り場からほど近いウェストフェリー サーカス(Westferry circus)にある公衆トイレは、

土日はクローズ。なんでなの(~~)!?



テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

【2017/05/26 07:11 】 | イギリス旅行2012年7月 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<イギリス旅行2012(43)カナリー ワーフ散策その2 | ホーム | イギリス旅行2012(41)カナリー ワーフの夜景>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wofo.blog122.fc2.com/tb.php/1460-36787db7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |