イギリス旅行2012(33)チャッツワース ホテルのツイン

とっても嬉しい対応でした

21時、桟橋に灯りがともりました

21時半、外に出ると、ホテルもライトアップされています

人通りがあるので、女一人でも安心して歩けました

桟橋は濡れているから滑りそうでしたが

心行くまでグランド・パレード通りの夜景を堪能

そうして、22時半、ホテルに戻りました

レセプションには昼間のお姉さんに代わって、おじさんが座っていました。そこで、ふとテレビのことを思い出し故障の件を告げると、部屋まで見に来てくれたのです。

おそらくケーブルが原因だが
修理の人は帰ってしまったとのこと

おじさんは「部屋を代わるか」と提案してくれましたが、「気にしないで。仕方ないよ」と断りました。それでも、おじさん、すごく申し訳なさそうな顔をして、

「返金しようか」とまで言ってくれたのです
ああ、なんて良い人なの(≧∇≦)!!

こういう誠意ある対応をしてくれるので、ますますこのホテルが好きになりました。そして、おじさんは部屋替えも返金もしないなら、

隣のツインが空いているから、テレビを見てもいい

と言ってくれたのです。せっかくなのでツインの部屋を覗いてみたら、

これが広い!
(少々、臭いがこもっていましたが、許容範囲)

しかもバスルームも、冷蔵庫もある!!

それに、電話はらくらくフォンみたい(^^)

しばしこの部屋でくつろいで、旅の疲れが取れました

今回もチャッツワースに泊まってよかった!
(上の写真は、ツインの部屋からの眺めです)

関連リンク




テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

【2017/04/29 07:01 】 | イギリス旅行2012年7月 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<イギリス旅行2012(34)雨天と晴天のイーストボーン最終日 | ホーム | イギリス旅行2012(32)チャッツワース ホテルのシングル>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wofo.blog122.fc2.com/tb.php/1451-d460e2f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |