イギリス旅行2012(28)イーストボーンからバーリング ギャップへ

イーストボーンにある断崖絶壁

朝食後、イーストボーン駅から「13X」番のバスに乗り、日帰りで「バーリング ギャップ(Beachy head)」へ出かけました。

10時20分。11月17日撮影

「13X」番のバスは、6月25日から9月15日まで毎日。それ以外の期間は、土日祝日のみ運行しています。始発は9時50分で、その後は毎時20分と50分にイーストボーン駅前のバス停から出ていました(2012年7月時点)。

9時52分、バスはほぼ時刻表どおりにやって来ましたが、ブライトンまで行くせいでしょうか。

車内はけっこう混んでいました

バスは、前日、セブン シスターズ カントリーパークへ向かう時に通った牧草地の間の道を途中で左折。

イーストボーンの街を見下ろしながら

バーリング ギャップ(Beachy head)のバス停に到着

ここで下車したのは、私一人。まわりには何もありません

そこから歩いて数分、バーリング ギャップの駐車場まで行くと、車が何台か停まり、観光客の姿がありました。

ここには、カフェとトイレがあります

ずんずんと崖を登っていくと

10時半

前日、訪れたセブンシスターズが見渡せます

さらに上へと歩いていくと

広大な景色に比べて、人間は米粒のよう

右手に目をやると、バスで通った道が見えます

岸壁の上は、遮るものもなく

風が強くて飛ばされそう
(疲れて、うなだれているわけではありません)

この先のビーチーヘッド(Beachy head)まで
まだかなり距離があります

セーターとウィンドブレーカーを着込んでいきましたが、降り出した雨と強風に冷え切ってしまい、この辺りでUターンすることにしました。

それでも、このまま帰るのはもったいない。先ほど登ってきた反対側も、覗いてみることにしました。

11時48分

でも崖が白くないので、面白みが半減
トイカメラ・フィルター撮影で遊んでみました

海岸へ降りると

地元の高校生たちでしょうか。波が荒いのをものともせず、歓声をあげながら海で遊んでいました。この寒いのに、元気だなぁ。



テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

【2017/04/14 07:01 】 | イギリス旅行2012年7月 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<イギリス旅行2012(29)バーリング ギャップからセブン シスターズへ | ホーム | イギリス旅行2012(27)アルバニー ライオンズ ホテルの朝食>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wofo.blog122.fc2.com/tb.php/1446-7b89c85d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |