イギリス旅行2012(14)フローティング ハーバー(Floating harbour)

心地よい風を受けながら

聖メアリー・レッドクリフ教会からフローティング ハーバー(Floating harbour)へと足を進めてみました。

カラフルでおもちゃのような家々が立ち並び

のんびりした雰囲気のこの場所に、私も住みたくなりました

反対側を向けば、聖メアリー・レッドクリフ教会も見えます。ここからだと、その大きさがよくわかりますが、あいにく逆光でした。

トイカメラ・フィルターで撮影すると
少しは見やすくなるでしょうか

それから、「クイーン スクエア(Queen Square)」へ。町の中心にあるとは思えないほど自然豊かで、シャーリングのドレスをまとったような巨木には非常に興味をそそられました。

この先へ進むと、前日、訪れた水族館@ブリストルなどがあります。もっと散策したいけれど、列車の時間が近づいてきたのでホテルへ戻りました。



テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

【2017/03/03 07:01 】 | イギリス旅行2012年7月 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
<<イギリス旅行2012(15)ブリストルからバーミンガム | ホーム | イギリス旅行2012(13)聖メアリー・レッドクリフ教会>>
コメント
tanakaさま
コメントをいただいたことに気づかず、大変申し訳ありませんでした。

空港で受け取った時にスーツケースが壊れていたら、すぐにKLMのカウンターへ行って申請する必要があります。
もしくは、何らかの事情でその場でできなかった場合は、7日以内にKLMに連絡しないと対応してもらえません。

また、破損箇所によっては対応してもらえないことがあるので、海外旅行保険に加入されていれば、保険会社に申請したほうがよいと思います。

私はスーツケースが紛失し、3日間、見つからなかったので、その間に購入した物品代をKLMに請求しました。けれど、何度もフォームの送信エラーが起こり、困ってしまってエールフランス航空の問い合わせ窓口にメールしました。すると、エールフランスからKLMにメールを転送してくれたのです。

ただ、見つかったスーツケースが破損していた件については、KLMで受け付けてもらえなかったので、加入していた海外保険の会社に連絡して修理してもらいました。その際、3000円は自己負担。それ以上の修理代金は保険でカバーできました。

tanakaさまの場合は、かなり時間が経ってしまっているので、私の体験は役に立たないかもしれません…。本当に返信が遅くなりすみませんでした。
【2017/05/08 07:32】 | URL | kiyo333 #-[ 編集] | page top↑
はじめまして
教えていただきたいことがありコメントさせていただきました。KLMでスーツケースがこわれましたが、
請求すれば全額かえってくるのでしょうか
年数とかわかりませんが。。。そういう場合どうしたらいいのでしょうか。。。KLMに連絡したいのですが英語のサイトですので複雑です
助けてください
【2017/03/31 14:46】 | URL | tanaka #kxtnPY0M[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wofo.blog122.fc2.com/tb.php/1432-b971fa79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |