イギリス旅行2012(5)ブリストル博物館

入場無料の博物館 Bristol Museum & Art Gallery

クリフトン吊り橋からブリストル駅前に戻る際、途中下車して博物館へ立ち寄るつもりでした。最寄りのバス停がわからないので、運転手さんに尋ねたら「終点で下りろ」と言うのです。

え? 終点ってブリストル駅でしょう?

それは違うと思い聞き直したら、乗り合わせていた乗客の人たちが「どこの博物館だ?」「Bristol Museumか? それとも City museumか?」と口々に心配してくれて、Bristol Museumなら次の停留所で下りるのだと教えてくれました。

ブリストルの人たちはすごく親切!! 感激しました

入口を入ると、天井に飛行機がぶら下がっています

このブリストル博物館には絵画や古代遺跡、また自然史に関する展示がありますが、私のお目当ては、

古代エジプトコーナーです(^^)

石碑や棺に

石片に描かれた練習用の絵や

儀式用のカスタネットにシストラム

なんとも愛らしい馬のおもちゃに

子ども用の遊具のボールは
これで弾むと言うから驚きです!

その他いろいろな出土品が展示されていましたが

なぜか出土先が記載されていません

また展示室は暗く、写真を撮ると手振れを起こしやすかったです。ただ、ここで素晴らしいなと思ったのが、

タッチパネルを使って楽しみながら学べるシステム

大人でもおもしろいと感じる、とてもよくできた内容でした

それから、絵画コーナーも見学

これはエジプトのデンデラにあるハトホル神殿の絵

私の大好きな画家デイビット・ロバーツ(David Roberts )が、19世紀にエジプトやシナイ半島などを旅して描いた絵画の中の一枚です。

そして、これも大好きな画家であるアルマ・タデマの絵
(Sir Laurence Alma-Tadema「Unconscious rivals」)

19世紀にオランダで生まれ、ロンドンに居を構え、古代遺跡をモチーフとした繊細な絵を多く描いた人です。

それから、ドラゴンボールやポケモンも展示されていました

ドラゴンを主題とした作品を集めた企画展がちょうど開催されていたからです。それにしても驚いた…。

関連リンク




テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

【2017/02/05 07:01 】 | イギリス旅行2012年7月 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<イギリス旅行2012(6)ブリストルでシャンプーはどこに売っている? | ホーム | イギリス旅行2012(4)クリフトン吊り橋>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wofo.blog122.fc2.com/tb.php/1423-3e2f1da3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |