ポーランド2015(109)洗礼者ヨハネ大聖堂とバルバカン

ワルシャワで最も古く、国王の戴冠式も行われた場所

歴史地区にある「洗礼者ヨハネ大聖堂(Cathedral Basilica of the P.W.Martyrdom of St.John the Baptist)」は、道幅の狭い通りから全景をファインダーに収めることができないほどの大きさです。

入口の看板には、期間限定で14時から30分間の有料オルガンコンサートが開催されているとありました。

すでに開始から10分過ぎていましたが、チケットを買って中へ入っていく人たちが何人もいました。

そこからさらに歩いて、バルバカンへと向かいます。これは、15世紀から16世紀にかけて造られた円形の砦です。

クラクフのものより保存状態も良いようで

この窓がとぼけた顔みたいでかわいいです

花嫁花婿さんが記念撮影していますが

城壁の上を歩くこともできます

ただ、眺めはそれほど良くありません

わざわざ歩かなくても良かったかも!?

それから、この近くでスズメを見かけました

ポーランドに来て初めてスズメを見ましたが、なんとハトがスズメを威嚇していました(@@)。慌てて飛び立つスズメたち。ハトって気が荒いのですね。知りませんでした。




テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

【2016/12/29 20:01 】 | ポーランド旅行2015 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<ポーランド2015(110)ノボテル ワルシャワ ツェントラム 25階のスーペリアルーム | ホーム | ポーランド2015(108)ワルシャワ歴史地区>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wofo.blog122.fc2.com/tb.php/1409-033e5b58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |