ポーランド2015(104)ショパンが眠る聖十字架教会

作曲家フレデリック・ショパンの眠る場所

ホテルに荷物を預け、ワルシャワ観光に出かけました。お昼12時半、まず向かったのはクラクフ郊外通り(ul Krakowskie Przedmiescie)に建つ

聖十字架教会
(Church of the Holy Cross, Warsaw)

第二次世界大戦中に被害を受け、戦後、建て直された教会ですが、ショパンが幼少期から通い、その死後、心臓が柱に埋められている場所です。

観光客より祈りを捧げる人の多いようです

「ショパンはどこ?」なんて聞ける雰囲気ではありません

どの柱かなと探していると

祭壇に向かって左一番手前の柱に

プレートと花が飾られていました

どうぞ安らかにお眠りくださいと
ポーニャも手を合わせました

教会を出て左手には

ベンチがあって

ボタンを押すと、ショパンの曲が流れてきました

なんて素敵なベンチでしょう♪




テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

【2016/12/19 20:01 】 | ポーランド旅行2015 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<ポーランド2015(105)ヴィジトキ教会 | ホーム | ポーランド2015(103)クラクフからワルシャワへ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wofo.blog122.fc2.com/tb.php/1404-517d4aff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |