ポーランド2015(68)ザコパネ 旧木造教会

教会は無料で見学できます

タデウシャ・コシチュシュキ通り(Tadeusza Koksciuszki)の公園Dolna Rrowien Krupowaを過ぎ、さらに歩いていくと、ザコパネ一の繁華街、クルプフキ通り(Kurupowki)にぶつかりました。

そこからさらにまっすぐ歩いていくと、Bulwar Dluskich通りという林の中の細い通りにぶつかります。

ここはクルプフキ通りより高い位置にあるようで、ふと横を見ると、とある家の玄関かと思ったら、なんとこれ、屋根裏の窓でした! それが通りと同じ高さにあるのです(@@)。

反対側のクルプフキ通りに面した一階部分へは、下の写真の左に見えている階段を下りていくようになっていました。一階からも屋根裏からも通りへ出られるなんて、びっくりです。

そして、これは学校らしき建物で

裏にまわると、この地方の家の模型がありました

それから、こっちも校舎かと思ったら、Dworzec Tatrzanski night club and music venueとあったので、ナイトクラブらしいです。これまた驚き(@@)。

その近くのカフェで見かけた青年たち。右側の子の髪型はザコパネでよく見かけたのですが、流行なのでしょうか。一部、刈り上げ、てっぺんを縛ってお団子にする、なんともおちゃめなスタイルです。

それから、Koscieliska通りにある「旧木造教会」は

「ザコパネスタイル」と呼ばれる木造建築で

材木の間を綱で埋めるのも、その特徴のひとつ

この地域で最も古い教会です

墓地もこの教会の見所のひとつで、見学は有料

私達は見学しませんでしたが

この両手を広げた女神のような木が印象的でした




テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

【2016/10/08 20:02 】 | ポーランド旅行2015 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<ポーランド2015(69)グバウフカ山のケーブルカー乗り場 | ホーム | ポーランド2015(67)ザコパネの公園 Dolna Rrowien Krupowa>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wofo.blog122.fc2.com/tb.php/1368-4b09dad3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |