ポーランド2015(43)フロリアンスカ門とチャルトリスキ美術館

2015年9月20日(日)

ポーランド6日目となるこの日は、宿泊しているクラコー シティ アパートメンツから徒歩数分の所にある「考古博物館 (The gallery of Ancient art city arsenal、またはMuseum of Ancient Art)へ向かいました。

フロリアンスカ門の前を通りかかると

美しい絵画を売っています

ここは、旧市街の北側に位置する門です。14世紀にトルコの侵略から街を守るためこうした塔や城壁が築かれました。

フロリアンスカ門の奥にはバルバカン

1498年に建てられた赤レンガ製の円形の砦は、ヨーロッパに3つしか現存していないそうで、その中でもこれは最大の規模だそうです。

城壁の上に登ることもできます

さらに西へと進むと

右のドアに注意書きがあり、

チャルトリスキ美術館は改装中(○□○;)

所蔵されているレオナルド・ダ・ビンチ(Leonarda da Vinci)の有名な絵画「Lady with an ermine」はヴァヴェル城で展示中とのことでした。

出発前にネットで調べた時は、再オープンしているようなことも書かれていたのですが、がっかりです(´Д` ;)。




テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

【2016/08/19 19:30 】 | ポーランド旅行2015 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<ポーランド2015(44)クラクフ 考古博物館 その1 | ホーム | ポーランド2015(42)クラクフ駅ビルのスーパー「カルフール」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wofo.blog122.fc2.com/tb.php/1343-734b373a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |