ポーランド2015(42)クラクフ駅ビルのスーパー「カルフール」

品揃えも豊富

クラクフ駅直結のショッピングモール「ギャレリア コラコウスカ(Galeria Krakowska)」には、スーパー「カルフール(Carrefour)」が入っています。

にんじん、ごぼう、じゃがいもは

量り売りで、該当するボタンを押すと値札シールが印刷されます。どのボタンを押すのか、ポーランド語はちんぷんかんぷんですが、絵が描いてあるのでわかりやすかったです。

かぼちゃの横にあるのは
ポーランドではおなじみの食材「ヒマワリの花」

これまたポーランド名物の「イチゴ入りピエロギ(serowo truskawakowe)は、1パック4.99ズウォティ(約190円)。フライパンで焼くだけで食べれます。

ピエロギの隣りはcarskie Na Grilla 5.99zl

それから、お気に入りの一品になったのが、下の写真の下段に並んでいる丸いパッケージの「酢漬けにしん」。玉ねぎのマリネを巻き込んだ「Koreczki z cebulka」や「Koreczki po zydowsku」に「Koreczki po gizycku」など各5.99ズウォティ(約230円)。

私の大好きな岡山名物「ままかり」に似た甘酸っぱい味で、疲れた時にぴったりの一品(^^)。

上段の瓶詰めはBosmanskie, Opiekaneなど

これもおいしかった、大豆タンパクのハンバーグ

ベジタリアン向けの食材で大豆から作ったものですが、食感はお肉と変わりません。味はトマトソースにバジルが効いています。

ケーキはキロ単位で切り売り
値段は1キロ19ズウォティ(約720円)から

こうして店内を見ていたら、着ぐるみ登場

ポーランドでもゆるキャラが流行りなのでしょうか

つい記念撮影してもらいましたが
何を模したキャラかは不明です(~~)

さて、ホテルに戻り、夕食は自炊しました

カルフールで売っていた焼くだけで食べられるピエロギは、カルフール ブランドが一番安くて3.99ズウォティ(約150円)。写真左は「pierogi z miesem(肉入りピエロギ)」で、右が「piergi z serem(チーズ入りピエロギ)」。ポーランド語はさっぱりわからなかったので、近くいた現地の男性を捕まえ、英語で説明してもらって購入しました。

酢漬けにしんと

ピエロギもおいしくて、大満足の夕食でした




テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

【2016/08/17 20:02 】 | ポーランド旅行2015 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<ポーランド2015(43)フロリアンスカ門とチャルトリスキ美術館 | ホーム | ポーランド2015(41)ショッピングモール「ギャレリア コラコウスカ」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wofo.blog122.fc2.com/tb.php/1342-29d1e0d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |