ポーランド2015(39)ヴロツワフからクラクフへ列車移動

2015年9月19日(土)

崩れかけたような建物

これは、ヴロツワフ駅前のイビスホテル

なんとも変わった形の建物を横目に、ポーランド5日目となるこの日は、列車でヴロツワフからクラクフへ移動。

切符は数日前に窓口で購入しておきました
値段は片道39.9ズォティ(約1500円)

売り場は駅構内と北側出口の二ヶ所にあり、国内線と国際列車で窓口が分かれています。簡単な英語は通じましたが、切符を買う際は行き先や日時など紙に書いて渡したほうが確実です。クレジットカードでの支払いもOKでした。

出発時刻(Odloty)とホーム(Peron)を確認

ホームまでエレベーターはありません

けれど、階段のはじに荷物を載せて転がせるレールのようなものがあり、スーツケースを運ぶ際に利用できます。

11時27分、電車はきれいなICかと思ったら

ホームの反対側に入ってきたこっちでした…

バリアフリー対応からは程遠い旧型車両

座席指定で、私たちは二等車の6人用コンパートメントへ

荷物置き場はないし、他にも乗客が乗ってきたので、あまりの狭さに小さくなってました(~~;)。

列車は定刻に出発。車窓からは採石場から取ってきた大きな岩を載せた貨物なども見かけました。

13時26分頃、やっと空いてきたのでポーニャ登場

そして、だんだんと雲行きがあやしくなってきた

14時47分、クラクフに到着です!




テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

【2016/08/11 20:05 】 | ポーランド旅行2015 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<ポーランド2015(40)クラクフの宿はクラコー シティ アパートメンツ | ホーム | ポーランド2015(38)シチトゥニツキ公園 噴水ショー>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wofo.blog122.fc2.com/tb.php/1339-e2f77a4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |