ポーランド2015(32)シフィドニア平和教会 その2

建築時の苦労がしのばれます

ずらずらと教会内の写真を並べ立てましたが、教会では入場料を払うと、各国語で書かれた教会内の説明書を渡されます。

これを見ながら見学すると、一層理解が深まります

こうした修復時の様子も展示されています

けれど、私は人の少ない今のうちに写真を撮ろうと必死で、ポーニャもケースに入れたまま、説明にもほとんど目を通しませんでした。ごめんなさい(~~)。

せっかく来たから、お祈りしよう

それからキャノンのコンデジS120と

一眼EOS Kissで撮り比べ

本当に素晴らしい教会だなと浸っていると

団体さんがやって来ました

静寂が打ち破られ、ちょっとがっかり。けれど、天井に目をやると、そこにも素晴らしいものがありました。この天井画は「聖ヨハネの啓示」をテーマとしたものですが、中央にある最も大きな絵だけは例外で、三位一体を表しています。

こうした数々の天井がは

シフィドニア出身の画家達の手で

3年の歳月をかけて作成されました

双眼鏡を使って見たい大作です




テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

【2016/07/29 20:01 】 | ポーランド旅行2015 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<ポーランド2015(33)シフィドニアの旧市街 | ホーム | ポーランド2015(31)シフィドニア平和教会 その1>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wofo.blog122.fc2.com/tb.php/1332-dac8b263
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |