ポーランド2015(25)妖精探し その2

童心に返って妖精探し

消火栓の上にも妖精さんがいました

何やら人生について訓示を受けているようです

それらシフィドニツカ通りとカジミエシュ通りの南にいる煙突掃除をする妖精を見つけました。手前にある銘板には「Dotknij na szczescie」と書かれています。ポーランド語の翻訳サイトでチェックしたら

「幸せに触れる」と言う意味らしいです
(たぶん誤訳でなければ…)

そこで、ポーニャもタッチしてみました

うん、なんだか幸せな気分になってきた

「こんなかわいい子が喜んでくれて、わしらも嬉しいな」と妖精のおじさんもまんざらでもなさそうです(…と勝手に解釈)。

少し休んで元気が出てきたところで
今度はバイクに挑戦

なかなか筋がいいと褒められました

今度は楽しそうに踊っている妖精に会いました

だけど、はしゃぎ過ぎて眠くなってしまいます

まあ、そう急がず、のんびりしていけ

そんなふうに言われた気がして
ポーニャもまったりしてしまいました

以上、バイク乗りや楽しく踊る妖精はマグダラのマリア教会そばで見つけたのですが、かなり人通りがあるので、しゃがみこんで撮影する側としては、なかなか大変な、そして恥ずかしい作業でした(*~_~*)。

17時、そろそろ日が翳ってきました

フラッシュなしでは撮影が厳しくなってきたところで、旧市街広場北側のカフェバーPRL入口でテラス席に隠れるようにして腕を振りあげる「政党員の妖精」をようやく探し当てましたが、妖精が「政党員」って…(~~)?




テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

【2016/07/15 20:03 】 | ポーランド旅行2015 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<ポーランド2015(26)妖精探し その3 | ホーム | ポーランド2015(24)妖精探し その1>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wofo.blog122.fc2.com/tb.php/1325-ae170a15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |