ポーランド2015(24)妖精探し その1

ポーニャ大活躍

シフィドニアからヴロツワフへ戻ってきました。バス停から数分、歩くと中央駅の南口が見えてきます。

2012年に改装された駅構内を通り抜けると

ネオ ゴシック スタイルの北口に出ます

そこから徒歩数分

宿泊しているホテル ユーロペインスキーの
入口前には妖精がいます

ヴロツワフにはこうした妖精の像が

いたるところに置いてあります

上の写真は「ハト乗り」で、新市庁舎のレストラン横の窓の下にいます。この他にもヴロツワフ各地にあるという妖精像の数は、

なんと210個!

さらに、その数は現在でも増え続け
妖精探しの地図もお土産屋さんで売ってます

果たして、いくつ見つかるか

16時40分、妖精探しを開始しました

まずは、旧市街広場の南東、シフィドニツカ通り沿い。足もとには岩運びする妖精がいました。

ポーニャもお手伝いします

でも、あんまり役に立ってないみたい(~~)

それではと場所を変えてみたけれど
これでは、よけい迷惑かも!?

長旅で疲れちゃったんだもの

大目に見てね
と言っているようです!?




テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

【2016/07/13 20:06 】 | ポーランド旅行2015 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<ポーランド2015(25)妖精探し その2 | ホーム | ポーランド2015(23)ヤヴォルからヴロツワフへのバス>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wofo.blog122.fc2.com/tb.php/1324-17804b46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |