プラハ・ウィーン・ブダペスト2015(91)レヒネル・エデン設計 郵便貯金局

再び建築巡り

11時、くさり橋から歩いて、イシュトバーン大聖堂へと続くズリーニ通り(Zrinyi u)にやって来ました。

ここはブダペスト初日に雹に降られ、途中で観光を切り上げた場所。その時、見ることができなかった「郵便貯金局」を目指します。

その途中で気になったのが、この建物

OYP Bank Nyrtと言う銀行です

アールヌーボー様式に惹かれてロビーへ入ったら

警備員のおじさんにじろっと睨まれたけれど、写真を撮りたいと説明したら、にこっと笑って「どうぞ」と言ってくれました(^^)。

次にやって来たのは、自由広場(Szabadsag ter)

ここにも素晴らしい建築が目白押し

たとえば、広場に面したZoltan utca通り

Farger Etteremというカフェが入っている建物です

羊や船のモチーフなど細部まで凝った造りです

そして、ちらりと見えてきたのが貯金貯金局

建築家レヒネル・エデンの代表作の一つです

しかし、その手前にアメリカ大使館があって、厳重な警備をしいているため近づくことができません。

反対側へまわりこんでみたものの

木々が邪魔で全体像が見えません

歩道をうろうろしながら四苦八苦
(どう見ても不審者だなぁと思いながら)

ようやく上部がちらっと見えました

中はどうなっているのか気になりますが、ここは金融機関なので内部見学は禁止です。あぁ、残念。




テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

【2016/05/16 20:05 】 | プラハ・ウィーン・ブダペスト2015 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<プラハ・ウィーン・ブダペスト2015(92)クルド料理レストラン MiR Etterem | ホーム | プラハ・ウィーン・ブダペスト2015(90)王宮の丘からくさり橋へ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wofo.blog122.fc2.com/tb.php/1293-77fb5ef4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |