プラハ・ウィーン・ブダペスト2015(88)セーチェニくさり橋の夜景 その2

やっとドナウ川沿いに出て

21時15分、くさり橋を間近に撮影

第二次世界大戦では破壊されてしまった
くさり橋ですが

1949年に再建され

西のブダ地区と東のペスト地区を繋いでいます

橋の南側には、ゲッレールトの丘

北側には、マルギット橋

マチューシャ教会と漁夫の砦や

国会議事堂が見えます

橋の向こうにはフォーシーズンズ・ホテルがありますが、時計を見ると、もう22時過ぎ。治安を考えると、さすがに戻ったほうがいいかと思いました。

王宮の丘のブルクホテルまでは、橋のたもとから16番バスに乗って数分。バスの乗客に危なそうな人もいなくて案新しましたが、

刻印機が動かない(@@)

初日に地下鉄で検察の厳しいチェックを受けたので、「早く刻印しなきゃっ」と焦りました。すると、すぐ近くに座っていたポーランド人のおじさんが、

それは壊れているから、あっちのを使いなさい

と流暢な日本語で教えてくれました。スリを恐れてブダペストではトラムやバスに数えるほどしか乗らなかったけれど、乗るたびに親切な人に会えて、とても嬉しかったです。




テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

【2016/05/10 20:05 】 | プラハ・ウィーン・ブダペスト2015 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<プラハ・ウィーン・ブダペスト2015(89)漁夫の砦 日の出 | ホーム | プラハ・ウィーン・ブダペスト2015(87)セーチェニくさり橋(Szechenyi Lanchid)の夜景 その1>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wofo.blog122.fc2.com/tb.php/1290-a343794b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |