プラハ・ウィーン・ブダペスト2015(85)ヴァイダフニャド城と英雄広場

ハンガリーで二度目のゲリラ豪雨

13時、セーチェニ温泉を出ようとすると、突然の豪雨に襲われました(@@)。十数分後には晴れ間がのぞきましたが、道路はご覧のとおり冠水。

雲の動きも早く、青空が見えたと思ったら

近くのヴァイダフニャド城(Vajdahunyad Castle)まで来たら、また曇り空になってしまいました。

ロマネスク様式やゴシック様式など折衷様式を併せ持つこの建物は本物のお城ではなく、1896年、建国1000年祭の博覧会を開催した時に展示場のひとつとして建てられたものです。

建設にあたり「これまでハンガリーに存在したあらゆる建築様式を提示できるものであること」という条件が課されたため、さまざまな様式をもつ建物になったそうです。

お城の一部は、農業博物館になっています

ここで、ちょっとびっくりしたことがありました。お城をスケッチしていた女子学生さんたちを見かけたのですが、彼女たちは全員、ずぶ濡れでした。先ほどのゲリラ豪雨のせいでしょう。

そのうちの一人がシャツを脱ぎ、ジーパンとブラ一枚という姿になってしまったのです(@@)。引率しているのは、男の先生です。その目の前で気にするふうもなく、見ているこちらのほうが唖然としてしまいました…。

その後、徒歩で英雄広場(Hosok tere)へ

1896年、ハンガリー建国1000年を記念して造られたブダペスト最大の広場です。中央に建っているのは高さ35mのブダペスト1000年記念碑(Millenniumi emlekmu)。最上部には、大天使ガブリエルの像があります。

左右の扇状の柱の上には、左から「労働と繁栄」「戦い」「平和」「学問と芸術」を象徴した像も並んでいました。

この英雄広場前の通りを左へ歩いていくと

おもしろい現代建築がありました

ワイヤーでグルグル巻きにされたみたい(^^)

日が射していたら
反射したガラスがもっと美しく見えたことでしょう




テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

【2016/05/04 20:01 】 | プラハ・ウィーン・ブダペスト2015 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<プラハ・ウィーン・ブダペスト2015(86)キラーイ通りを散策 | ホーム | プラハ・ウィーン・ブダペスト2015(84)セーチェニ温泉 その2>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wofo.blog122.fc2.com/tb.php/1287-8374b986
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |