プラハ・ウィーン・ブダペスト2015(60)ゲッレールトの丘とツィタデッラ(要塞)その2

負の遺産

ゲッレールトの丘の南側には「ツィタデッラ(城塞)跡」があります。かつてハプスブルグ家が建てたものですが、第二次世界大戦の際にはナチス・ドイツに占領され、現在も弾痕が残っていたりします。

私が登ってきたゲッレールト温泉側からは個人客の姿しかありませんでしたが、エルジェーベト橋側からは団体ツアーの人たちが次々に登ってきて、このツィタデッラ前で説明を受けていました。

外壁には説明と写真が載っていて

ありし日の姿が偲ばれます

ここからドナウ川へと目を向けると

王宮や

くさり橋に国会議事堂も見えます

ひときわ目立つ聖イシュトバーン大聖堂

先日、見かけた園児みたいなビル
ブログ「「ベーカリー イェーグビュフェー」参照

景色に見とれていたら、あっという間に1時間半

周囲を巡回警備する姿も見かけましたが、心なしか観光客の姿も減ったように感じ、危なくならないうちにと急いで丘を駆け下りました。




テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

【2016/03/13 20:05 】 | プラハ・ウィーン・ブダペスト2015 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<プラハ・ウィーン・ブダペスト2015(61)中央市場のスーパーALDI | ホーム | プラハ・ウィーン・ブダペスト2015(59)ゲッレールトの丘とツィタデッラ(要塞)その1>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wofo.blog122.fc2.com/tb.php/1259-b9fc78f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |